logoziso4グレイ

現役Jリーガーが中心になった、オンラインのコミュニティをつくります。


現役Jリーガーが中心になった「Ziso.(ジソ)」というオンラインのコミュニティをつくります。

サッカーに関する すべての価値、情報、未来について、与えられるのではなく、自分たち自身で それを獲得するために、何かを与える側で あり続けるために。


そして、Jリーグとは違う場所で、あるいは そこを目標として サッカーと関わる すべてのプレイヤー、指導者、ビジネスパーソン、学生 を巻き込んでいきます。


Ziso. は あなたが所属する、二つ目のチームになります。



・Concept

サッカー界を自走させる。

自走とは、他の動力によらず 自身の動力で走ること。

誰かに 与えられたものではなく、

自分の、心から信じられるものだけが、

夢中で サッカーと生きていくための 動力になる。

走らされるな、走れ。



・Why

練習、練習、練習、試合、反省して、また練習。置かれた場所で戦う。

だけど、一人で悩むのは苦しい。かといって、傷の舐め合いには嫌気が差す。外に答えを求めようにも、スポーツは曖昧だ。トレーニング、プレー、マネジメント、キャリア、そして スポーツをする理由さえ、流れてくる情報はいつだって、誰かの感覚や成功体験が根拠になっている。

そんなものを信じて、人生を賭けるつもりにはなれなかった。遊びと言い張るには無理があるくらいの 少なくない時間を費やし、あるいは この世界でこれからも生きていくのであれば。

そういうときは 大阪でも東京でもどこへでも行き、会いたい人に会って、聞きたい話を聞いた。出会うだけで、気づくだけで、簡単に物事が加速することがある。簡単でないのは、それを「どう得るか」だ。

SNS でのアポイント、顔も分からない人との待ち合わせ、知り合いゼロの集まり。ギリギリまで出ないスケジュールの中で、数万円かけて飛行機に乗り、オフの日を丸々使って、それでもコンディションを落とさないように折り合いをつける。無理もしてきたし、難しさを感じてきた。

オンラインのコミュニティは、距離も時間も超えて、年齢も、境遇も、スポーツとの関わり方さえ まったく異なる人たちと 一緒に考えられる。

経験ある大人は 答えを持っているかもしれない。ルーキーは 初心を思い出させてくれるだろう。自分が小さく感じられる刺激、新しい視点、そして解決策。きっと、その可能性を見ることができるはずだ。

僕は、日本代表でも インフルエンサーでもないけれど、そのための「場」をつくることはできるし、それがしたいと思った。




詳細は、来週リリースします。

よろしくお願い致します。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

僕も好きです。
55

井筒 陸也

大阪府出身、新宿区在住。Jリーガーを辞めて、組織と個人の意思決定について研究することにしました。Criacao Corporation / Criacao Shinjuku / Ziso.

Ziso. note(β版)

Ziso. note の試用版です
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。