ヘルパーさんが非常にイタイ話

~車イス生活の中身を覗き見~

俺の家に来てくれるヘルパーさんがとてもイタイ。

大丈夫かと思うくらいボケがひどいのだ。

初めの頃は笑って過ごしていたが、かなり度が過ぎる。

どちらが介護されてるのか?正直わからなくなるぐらい不安になる。

真剣に脳ドックを受けさせるべきか検討中である。笑

通常の業務をする上ではいつも完璧ではあるのですが・・・。

ふとした瞬間に、やらかしてくれる。

それが笑えるといえば笑えるし・・・

呆れるといえば呆れるし・・・

かなりヤバいのです!


私は車イスで生活する謝花勇武といいます。

日常のすべてのことをヘルパーさんにお願いして生活しています。

ヘルパーさんがいなければ、いろんなことに挑戦できる機械を奪われたり、できることが制限されてしまいます。

なので毎回毎回感謝しています



それとこれと別の話で

私のところに来るヘルパーさんがかなりヤバいのです。

そのヤバい内容とは・・・



この続きをみるには

この続き:3,950文字

ヘルパーさんが非常にイタイ話

謝花勇武

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

謝花勇武

ブックマーク

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。