アンジェSCOの試合を観に行く

フランスは10月の25日から1週間秋休みでした。 

秋休みの前半は、フランス人の友達がアンジェに遊びに来てくれたので、アンジェの街を紹介したり、大学を紹介したりしていい時間を過ごしました。 

ただ、後半は予定がなく、いつも一緒にいる中国人の友達たちはみなベルギーとルクセンブルクに行ってしまったし、同じ寮の周りのフランス人の友達たちはみな里帰りで寮は珍しく静かでした。 

結局、勉強したり、ボードゲームの団体に参加したり、アイススケートをしたりしてなんとか過ごしけど、せっかくの秋休みを無駄にしたような感じでした。 

秋休みのあとはアンジェのプロサッカーチーム、アンジェSCOの試合を見に行きました。

チケットも学割で5ユーロと安かったです。

ただ、驚いたことに、アンジェのスタジアムでは喫煙可能みたいで、いたるところでたばこの煙が充満してて嫌煙者のぼくとしてはなかなか辛いものがありましたが、それでもチームも勝ったし、スタジアムの雰囲気やサポーターの雰囲気は素晴らしいものがあってこれも素晴らしい時間を過ごせました。 

アンジェSCOは僕が留学していた年のシーズンに2部リーグで上位に入り、1部昇格を果たし、現在も1部リーグに残留しています。なのでパリサンジェルマンやモナコなどの強豪クラブと試合をしています。  

席はネットで買うこともできます。 前のいい席でも500円くらいでした。

ただ、1部リーグに昇格した今シーズンはチケットの価格もかなり高くなったようです。ちなみに、入場する前にはボディーチェックを入り口で受けないといけないのですが、これがかなり時間がかかりました。ゲートではなく、係員がひとりひとりやるため入場までに30分以上かかりました。女性は女性の係員がやるのでご安心を!

ここまで体調を崩すことなく、授業のほうも大きな問題なく、アンジェでの1日1日を有意義に過ごしています。 

<今回の表紙絵>

アンジェSCOのホームスタジアム、スタッドジュンボアン。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

Papico

フランス留学記

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。