japotina@ペルー

ペルー・リマ在住。2015年スタンフォード大学 国際教育政策学 修士号取得。留学中に知り合ったペルー人彼と一緒になるべく2017年に東京からリマへ引越し。ペルーで教育分野のコンサルタントやってます&南米生活をブログ・ユーチューブで発信中! https://japotina.com
固定されたノート

スタンフォード卒が教える海外大学院受験の心得

主に私がスタンフォード教育大学院修士課程合格までの道のりをさっくり振り返ります。

この記事では、

• アメリカ大学院受験に関するいろは
• 学部のGPA(成績評価)
• TOEFL(おすすめサイト)
• 余談:中国人受験生たちの実態

について、書いています。

正直、めちゃくちゃ恥ずかしいですが、私のTOEFLスコアや学部GPAも公表します。

これでも、スタンフォード受かるんです!!

もっとみる

私が日本で結婚式&披露宴をしなかったワケ

私はつい先日、ペルー人の彼と結婚をした。晴れて夫婦になったのである。いわゆる国際結婚ってやつだ。

国際結婚をするカップルに待ち受ける最初の難関は、どの国で結婚式を挙げるか。

(書類上の手続きの入籍も国際結婚は本当に複雑で難しいのだが、そのことはここでは割愛)

私たちの場合は、私の強い希望もありペルーで挙式した。

私は1mmも迷うことはなかった。

それは日本でしたくなかったから。

正直に

もっとみる

キャリアのピークは60才でいい

noteでは久しぶりの更新となる。忘れていたわけではないけど、自分のブログが近頃好調で、どんどん伸びていく数字が楽しくなってしまい、そっちに集中していた。

でもそうはいっても、ブログでのアウトプットが全てではない。ブログでは『ペルーのことをもっと知ってもらいたい!』がモットーなので、カジュアルに親しみやすいゆるい文体で書いている。

でも、私はnoteで書くような固めの文章も好きだ。

自分の頭

もっとみる

グローバル女子を落とす+α

ちょっくら恋愛を語らせていただく。

グローバルにキャリアを築いてきた私が、女性視点で「こういう日本人男子があまりいないなぁ」「こうしたらもっと印象いいのになぁ・・・」と感じることがあるので、

「グローバル女子を落とす方法」

として、紹介したい。

そもそもの発端は、先日、こんな面白い記事を読んだ。

「優しさ」とは現代のスマホのようなものだ。

誰もが持っている。

必需品である。

持って

もっとみる

背伸び。

私は、背伸びが好きだ。

それは、朝起きて両腕をあげて、ぐーーっと天に向かってストレッチをする、身体の「背伸び」もそうだし、

自身の環境から、一歩飛び出して挑戦する意味での「背伸び」も大好きだ。

受験生の志望校選びはこれの典型だと思う。

「滑り止め」が存在するように、「記念受験」というものもある。

「受かる可能性は低いけど、憧れの学校だから記念に受けてみよう」

でも、実際にネットで調べる

もっとみる