土塁えもん ~小田原城に行ってきた~

冷たい雨がふる中、小田原城に行ってきました。  小田原城は戦国時代、北条氏の居城でした。 北条氏を興した早雲は、私が子どもの頃に読んでいた学習漫画「日本の歴史」の、 戦国時代編トップを飾っていました。伊勢新九郎盛時という別名とか、ねずみが二本の杉をかじる夢の話とか、けっこうエピソード覚えてますね。  北条家4代当主北条氏政&5代当主氏直親子は去年の大河ドラマ『真田丸』に登場したので 彼らも記憶に新しいですね。
雨の日なもんで、写真が暗いですが…。小田原城は2016年に大改修を終えてきれいになりました。 場内の展示も趣向が凝らされていておもしろかったです。  で、予想外に驚いたのは↑のマンガのようなつながりがあったことですwww 人生、いろいろやってみるもんだな・・・・。 北条氏が今まで以上に身近に感じられました。
二の丸の正門、銅(あかがね)門。この銅門も本丸の正門である常盤木門も上にのぼれます。明治になったとき、小田原城は廃城となり、天守閣の鯱はドイツ人に売られたそうなんです。いくらだったんだろう・・・・ 鯱を飾るなんて、ドイツ人の家って大きいんだなぁ。その鯱、今どこにあるんでしょうね・・・。城主というのは、武力や政治力のみならず、建築や土木などの才も必要で。戦国の始まりから終わりまで栄えた北条氏は 才能あふれた一族だったんだなあと思いました。楽しい小田原城、興味を持たれた方はぜひどーぞ!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。ちょっと楽しい気持ちになったり、立ち止まって振り返ってみたり。何か感じてもらえたなら幸いです。

楽しんでもらえたら嬉しいです!
92

茉莉花堂

子育て絵日記(2016年12月中旬~)

2016年12月中旬からの絵日記です。子育てとカンケーない日々のざれごともあります。
1つのマガジンに含まれています

コメント10件

牛久城が何か分かりませんか、小田原城へ北条氏政と風魔(忍者)を倒しに行ってましたよ、画像の通りでややこしいルートでした(笑)
初コメ失礼します。いつも楽しく拝見しています。考古学を専攻していた縁で牛久城の測量をしたことがあるので、テンションあがってコメントしてしまいました。私も土塁に萌えます。これからも楽しみにしてます。
タオさま> 倒す相手に「風魔」も入っているのがポイントですね(笑)歴史ゲームはやったことないのですが、おもしろそうですね…。
Blackskyさま> まさかの!驚きました(笑)世界は広いような狭いような…。へえええ、小さいお城でも学術上はやはりきちんとした研究対象なのですね・・・・。土塁、いいですよね、土塁・・・・。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。