人生とうい名の荷物は自分の他に誰も背負ってくれない

2017-05-21

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。ちょっと楽しい気持ちになったり、立ち止まって振り返ってみたり。何か感じてもらえたなら幸いです。

楽しんでもらえたら嬉しいです!
124

茉莉花堂

子育て絵日記(2017年4月下旬~)

2017年4月下旬からの子育て絵日記です。子育てとカンケーない日々のザレゴトもあります。
1つのマガジンに含まれています

コメント8件

https://blogs.yahoo.co.jp/shobuen2/6131115.html
のようなバッグを検索されたのですね。ええ、これがもともとの胴乱で、江戸時代にはこういう系統のものを胴乱と呼んでました。というより、胴乱という言葉しかなかった。で、明治になって植物採集用の金属製バッグが入ってきたときも(http://mononoke.asablo.jp/blog/2007/04/15/1407364
みたいな形、あるいは
http://maruyamagumi.blog102.fc2.com/blog-entry-184.html?sp)、
やはり「胴乱」と呼ぶしかなかったわけです。私が最初に見た胴乱もこの形で、これが正統な胴乱なのである、という認識をしてしまって今に至っているため、こっちのほうをどうしても思い浮かべる。
それで、丸っこくて長いバックのことを私は密かに「胴乱バック」と呼んでいたわけです。
どこかのブランド品にもそういう形のバックがあって、一時はかなり人気をはくしていましたね。
なるほど・・・・胴乱、わかりました。ありがとうございます。
予備を忘れた時に限って子どもが何かやらかすので、恐怖心?からか、予備を欠かさない習慣がついちゃいますね^^;
拡大した事業を~というのが実に分かりやすかったです(笑
keanさま> そうそう、恐怖心なんですよねー。それが習慣化して自分に適用しちゃってるっていうヤツですねww
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。