Hiro-pon

表現とは、恥をかくこと。

ふれあい

本当に伝えたい思いは
言葉にすると安くなってしまう
だから君の手や肩にふれて
じっと目を見る
それでも伝わらないなら
もっと近付こうか

重たい惑星

ずっと具合いが悪いんだ
今に始まったことじゃない
医者も占い師もお手上げさ
思えば地球に来た時からそうだった
この星の重力は重すぎる
おれの星ではクジラも象も空を飛んでた
女たちはいつも雲の上さ
だけど嘘をついた時だけ重くなって
地面に叩きつけられるんだ
地球は間逆さ
正直な奴は地面を這いつくばり
嘘つきどもは高いところに住むのさ

イパネマ

ボサノヴァ界のレジェンド、ジョアン・ジルベルトが亡くなった。享年88歳。

「イパネマの娘」というジャズのスタンダード曲でも有名だが、ジルベルトから影響を受けたミュージシャンは本当に多いと思う。ポルトガル語の優しい歌声、温かいメロディー、ボサノヴァは人生の豊かさと儚さを教えてくれる。

まことの世界

幸せなときは
夢なら覚めないでと思う
うまくいかない日は
悪夢なら早く覚めてくれと思う
どちらも夢の世界なら
いったいこの現実は誰のもの?
「うつし世は夢、夜の夢こそまこと」
江戸川乱歩はどんな気持ちでこれを書いたのか

But Not For Me

JAZZのスタンダード曲でありながら全く古さを感じさせない名曲。

たぶんこの曲は成熟した人ほど響くのではないだろうか。世の中でタピオカが流行ろうと私には関係ない、ストリーミングの時代だろうと私はCDを買うの、そんなB型気質の人にピッタリの曲。我が道を行く人の応援歌だね。

甘えられない男

「神は乗り越えられる試練しか与えない」という無慈悲な言葉があるけれど、一人では乗り越えられない壁もある。
今までは何でも自分一人で解決しようとしてきた。最近それもそろそろ限界に来てるのかなと。思えば、あの時誰かに相談していれば何とかなったかもしれないという出来事がいくつもある。人を信用してないわけじゃないけれど、誰かの力を借りるのは恥ずかしい事だと歯をくいしばって生きてきたような気がしている。

もっとみる