【新製品】ZenFone 6まとめ ~Meet the incredible~

どうもこんにちは、ASUSオフィシャルコミュニティサイト「A部」部長のジェミーです。今回はスペイン時間5月16日20時(日本時間17日03時)から始まったZenFone 6発表会「DefyOrdinary」において発表された情報をまとめていきたいと思います。
詳細はZenFone 6の公式ページを見たほうが良いです(^o^)

まずはザッとスペックを確認していきましょう( ̄ー ̄)ニヤリ

~スペック表~

製品名:ZenFone 6 ZS630KL(ASUS_I01WD)
OS:Android 9 Pie with ZenUI 6
SoC:Qualcomm Snapdragon 855
RAM/ROM:6GB/64GB, 6GB/128GB,8GB/256GB
ディスプレイ:6.4-inch Full HD+(2340 by 1080)IPS display、ノッチレス
カメラ:4,800万画素(IMX586)+1,300万画素ワイド、フリップ式4K60fps
バッテリー:5,000mAh
その他:指紋認証(Back)、トリプルスロットスマートキー、イヤホンジャック、Bluetooth 5.0、NFC、802.11ac
価格:6GB/64GBー499€(¥61,269)、6GB/128GBー559€(¥68,628)、8GB/256GBー599€(¥73,539)

注目すべきポイントは太字で表示しています。では、一つ一つじっくりと見ていきましょう(^o^)

~製品名(型番)~

製品名は事前に公開されていた通り「ZenFone 6」です。
型番は「ZS630KL」ということで、2字目がZenFone 5ZのZS620KLのように「S」であるため『ハイエンドモデル』の扱いとなると思われます。

~OS~

人工知能のパワーを活用してスマートフォンでより多くのことができるようになった「Android 9 Pie」となっています。また、UIも新しく「ZenUI 6」になりました。

~SoC~

Qualcomm社の新SoC「Snapdragon 855」が搭載されています。変革的な5G体験を実現させる新世代のSoCとのこと。

~RAM/ROM~

ZenFone 6は3モデルでの展開となります。それらの違いはメモリとストレージに現れています。メモリが6GBのモデルには64GB6GBのモデルに128GB8GBのモデルには256GBのストレージが搭載されているのです。
スッスゴィ...(゚Д゚ノ)ノ

~ディスプレイ~

ZenFone 5のような賛否分かれるノッチデザインは消え、6.4インチ(2340×1080)のノッチレスディスプレイとなりました。
これでノッチ嫌いなユーザーにも...(-ω☆)キラリ

~カメラ~

カメラ性能は、ソニー製センサ「IMX586」を採用した4,800万画素のメインカメラと、1,300万画素ワイドアングルカメラといったところ。しかし、今回のZenFone 6でなんといっても注目すべきは「フリップカメラ」です。
高性能なアウトカメラをそのままインカメラとして利用できてしまうのです。しかも驚くべきはそのやり方。背面から前面へとカメラ部分がグルリとフリップするのです‼ Great Scott!!
これぞまさに「In Search of Incredible」ということです。

~バッテリー~

今回のZenFone 6で私が地味に驚いたところが、バッテリー容量です。ZenFoneの無印シリーズでありながら、その容量はなんと5,000mAhもあるのですから。この数値はZenFoneのバッテリーに特化したMaxシリーズの最新モデル「ZenFone Max Pro(M2)」に匹敵するのです!
急速充電対応で、ノンストップ使用で最大2日、4Gスタンバイで26日、3G電話が33.3時間、Webブラウジングは21時間となっています。 Incredible!!

~スマートキー~

「スマートキー」というGoogleアシスタント専用の物理ボタンが追加されました。これまではいちいちホームボタンの長押しで起動する必要があったGoogleアシスタントを、ボタン1つ押すだけで簡単に起動することができるのです。このようなボタンがある端末はZenFone 6だけでなく、XiaomiのMi Mix 3 5GやMi 9、Nokia 3.2/4.2、Vivo V15 Proなどにも搭載されています。このボタンにはショートカットを割り当てることも可能。よって「Googleアシスタントなんか使わねぇ」という人にも需要アリですね(^o^)

〜トリプルスロット〜

ZenFone Live L1(↑画像はLive L1のスロット)が地味に売れた理由の1つである「トリプルスロット」がZenFone 6にも実装されています。
DSDS対応で、MicroSDは2TBまで対応。Very good!!

~価格~

今回のZenFone 6、これほどのスペックにもかからわずお値段が安い!
6GB RAMの64GB ROMで499€=¥61,269
6GB RAMの128GB ROMで559€=¥68,628
8GB RAMの256GB ROMで599€=¥73,539
国内版では多少値上がりするかもしれませんが、それにしてもこの値段はVery Good!

いかがだったでしょうか?
さすがASUS、In Search of Incredible的な製品をまた出しましたね♪
製品詳細はASUSの公式ページを見るとわかりやすいです。
それでは、閲覧ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

ジェミー

A部 For ASUS Mobile Products部長。大世紀末生まれのN.CE-CSE。ASUS好きのガジェッター(ハードウェア&ソフトウェア)、聖飢魔II信者(ルーク派)、X(Hide)、西武鉄道&JR東日本、Minecraft、GTAV、Undertale、他
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。