葬りたい

ここだけの話

気分が暗くなりたくなければ読まない方がいい日記
(そんなのいっぱいあるが)
でも記録として残しておく。

夫は第二の患者だ。
うつ病の妻を持ちサポートをしてくれている
それがどんなにしんどいことか
でも彼は自分のペースを保つのが上手いし
自己肯定感も高いから
自分で自分を救える人だ

私はなんと弱いことか

彼は言った

おれのことは放っておいてくれ

甘えんぼで悲しがりやな私
かと言って周りに甘えるのが下手な私はどうしても彼が甘えの対象となってしまう

苦しいんだよね
彼は
私が甘えれば甘えるほど

だから頑張って放っておく

ある夜私が言った

「もしお酒飲むなら私も一緒に付き合うよ」
でも彼は言った
「そんなこと言ってないで俺のこと構わずに自分のしたいことしたら」

その通りなんだけど

いや

本心は

二人でいい時間を過ごしたいなというのが
本心なんだけど

でも

「わかった」
と言って
別室にこもり

なんだか無性に虚しくなって
切ってしまった

悲しみと辛さの分だけ増えていってしまう
弱い甘えた傷

そのあと
おやすみと言って
ねている子どもを抱きながら
眠りについた

眠りとともに
寂しさを葬る一心で

#うつ病 #適応障害 #備忘録 #日記 #闘病記 #寂しさ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

I draw what I saw and want to see. イラストレーター&芸術教育者 只今育児中、心療内科に通うサバイバー

1

jam

心と向き合う旅

鬱になってからの、絵描きとして、そして親として自分と家族と向き合っていく記憶と記録。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。