見出し画像

大通りの裏道を行く

インターネット上でたくさんの人を巻き込むには「盛り上がりをつくること」が大事だと、いろんなところで見かけます。

例えば、自分が熱狂するほど好きなものを熱っぽく語るとか、常に挑戦をして共感してくれる人を飽きさせない、とか。

糸井重里さんの「ほぼ日」も「みんなが集まる銀座通りをつくる」というイメージで運営されてると聞きました。

そういう「盛り上がり」「にぎわい」に関する主張を見かけるたびに、わたしにはできないなあ、と少しだけ落ち込んだり。

もちろん、過去にはわたしも、そうやって盛り上がりをつくろうと努力した時期がありました。(2016年にTwitterやブログを始めたのですが、その頃に見てくれてた人は「ああ、あの時期かな」と思ってもらえれば)

でもね、できないんですよ。運よく盛り上がりをつくれても、自分が息切れしちゃって、続かないんです。

そもそも自分は、どちらかというと「盛り上がっている場所」から遠くに居たいタイプで、ひっそり静かに、自分のペースで楽しみたい人間です。

そんな人が盛り上がりをつくろうとするなんて、無理があるんですよね。

盛り上がる大通りではなくて、裏通りの小道で楽しんでいる人でありたい。そして、同じように小道で楽しみたい人と、その楽しさを共有できたら嬉しいな。じぶんジカンのものづくりも、お店の空気も、わたし自身の発信によってできる場も「小道」を目指していこうと思ってます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

とっっっても嬉しいです!ありがとうです!
6

じぶんジカン*松岡

自分と向き合う時間をつくる文房具・小物ショップ「じぶんジカン」のnoteです。お店づくり準備中。じぶんジカンの活動や、考え方、商品制作の過程を発信します。月・水・金の19時に更新。https://matsuokamiki.thebase.in
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。