見出し画像

若いうちの苦労を買ってまでしなくていい、たった1つの理由

若いうちの苦労は買ってまでしろ!と厳格なご両親や先生、上司に育てられた礼儀正しい皆さまへ

ちょっと前までは中の人も「若いうちの苦労は進んでやろう!」と思っていたうちの1人です。

しかし、そんな必要あるの?買わなくても十分苦労というか、タスクはこなしてるよね?

なんて思うようになりました。

そこで、たどり着いたのは、
若いうちの苦労は買ってまでしなくていいでしょ。何かに挑戦しようとすれば、自然と苦労は降ってくるから。

ということ。

本当にこれに尽きると思います。

この言葉の意味は苦労ばかりではなく、「若者よ、経験を積め!」というメッセージが含まれていると勝手に解釈をしています。

逆に言えば、何かに挑戦しようとしない限り、自分の新境地は開けませんので、もちろん苦労ばかりではなく、成長の糧は手に入れられないということになります。

じゃあ、新しいことを何かしようとしない場合は、苦労もないし、いつも通りルーチンワークばかりで成長の機会はないの?それじゃあ苦労は買ってまでした方がいいんじゃないの?という疑問を持たれるかもしれません。

しかし、そんな買うべき苦労を探している時間がもったいないので、必要ありません。

挑戦すべきこともないけど、成長はしたい!というあなたがすべきことは、小さな改善活動です。仕事でも、プライベートでも何でも構いません。

昨日よりも、素晴らしい今日にする。

これも立派な挑戦になります。ということは、きっと、苦労という名の何らか経験する機会が降ってくるはずです!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

ジモ恋@毎日更新

“ジモ恋”公式アカウント。 「地元に思いを寄せて、いらしてみたら?」地元ファンオフ会運営をしています。 中の人は、茨城出身で金融機関@東京に勤める29歳。うまいものと酒が大好き!唐揚げ・餃子・ビール・日本酒・赤ワイン党!「365日ジモ恋」と題して、地元好きな方に向け発信します!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。