見出し画像

私が東京で勝手に地元おこしをする3つの理由~その2:秘訣は○○しやすさにあり!~

東京にいながら、地元に何らか関わってみたいと思っている方へ

何かやろう!と思ったときに、やる気とちょっと労力を惜しまなければ、何でもできる時代になりました。

前回のnoteに書きましたが、東京で勝手に地元おこしをする第一の理由は、「地元のしがらみに関わることなく、スピード感をもって、企画ができるし、何より注目される存在になれる」というものでした。

今日は第二の理由について、お話します。

それは、ズバリ!「企画のしやすさ」にあります!

東京でやるとなると、田舎に比べて、場所・集客・参加へのハードルのいずれもやりやすい部分があると思います。

具体的には、

場所:イベントスペースや部屋貸しなども沢山ある

集客:地元で地元好き集まれーと言っても皆そこに住んでいるので、あまりピンと来ていないかもしれないですが、あえて都会で「地元好き集まれー」と叫ぶと物珍しさもあり、目にとまる

参加のハードル:単なる飲み会などの場合、同様のイベントが多いため、活動してなくても普通に行ってみても大丈夫だなーと思える(実際に、地元でイベントをやらせていただくと、東京よりかは問題意識を持たれている方や何らか活動されている方にお集まりいただくことが多いです)

以上のことが挙げられます。

こう書いてみると、東京で地元おこしに関連したイベントをやった方が、よく見えてきませんか?

千里の道も一歩から!これを見て、俺もなんかやってみてーと思われた方は、ご連絡ください。

●写真は活動開始3ヶ月の時に、100名超の茨城人を前に、「茨城に恋して、来いし。」についてプレゼンをさせていただいた時のものです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

ジモ恋@毎日更新

“ジモ恋”公式アカウント。 「地元に思いを寄せて、いらしてみたら?」地元ファンオフ会運営をしています。 中の人は、茨城出身で金融機関@東京に勤める29歳。うまいものと酒が大好き!唐揚げ・餃子・ビール・日本酒・赤ワイン党!「365日ジモ恋」と題して、地元好きな方に向け発信します!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。