HUAWEIの余裕に見るピンチとチャンス「ガラパゴス化と新たなエコシステム」

痛烈な一撃、米国のHUAWEI制裁

各メディアで既報の通り、米国政府の制裁によってHUAWEIが苦境に立たされています。
米商務省のEntity Listと呼ばれる、いわゆる禁輸制裁リストに世界中のHUAWEI法人が指定されたことに伴い、米Googleの親会社であるAlphabet社はこの意向に従い取引の停止を表明しました。

ファーウェイは、グーグルのアンドロイドシステムの最新版にアクセスできなくなり、同社の中国国外のスマホ事業に打撃が及ぶ恐れがある。ファーウェイのアンドロイド版スマホの次のバージョンも「Google Play ストア」や「Gmail」などの主要サービスにアクセスができなくなる。
「米グーグル、ファーウェイとの一部ビジネス停止=関係筋」より

ただしAOSPで提供されるオープンソースのものは(当然のことながら)禁輸の対象にはならないとのこと。
言い換えるとAOSPで提供されたものをベースに独自の開発は可能と言うことでしょうか。

一部で報道されているHUAWEI端末に今後Android OSが搭載できなくなると言うのは誤りで、AOSPで提供されるオープンソースのものは引き続き利用可能です。
まあそれがオープンソースの精神ですからね。
インターネッツって素晴らしいw

とはいえ影響範囲は小さいわけではありません。
Android OSは搭載できても、その基幹サービスであるGoogle PlayやGmail、YouTube、Googleマップ、Google Driveなどなど、Googleが提供するあらゆるサービスから締め出しを食らうわけです。
中国国内で流通するドメスティック版HUAWEI製品はそもそもウェイボー、レンレン、テンセントやバイドゥなどのドメスティックのサービスに置き換えられており、影響範囲はほとんどないのですが、グローバル版や各商圏に合わせられたローカル版などはハッキリ言ってほとんどのサービスが骨抜きになってしまうので利用可能なサービスは限定的で使い物にならない端末になってしまうでしょう。

また、ソフトウェアだけでなくハードウェアの調達も難しくなることは必至と予想されます。
パッと思いつくだけでもクアルコムやNVIDIAなど主要な部品が調達できなくなるわけですから端末の製造自体も難しいものになりそうです。

当のHUAWEIは余裕?

と、ここまでは既報のおさらいのような物で、結構外堀埋められちゃってるよねということなのですが、当のHUAWEIは割と余裕のようなんです。
制裁発動を見越してか、先週末絶妙のタイミングで日本などのメディア取材に応じていました。

15年ほど前から排除の動きがあって米国と争う予感はあったとした上で、「静かに準備はしてきた」と自社生産や米国外からの調達力を強めてきたと強調した。
「ファーウェイは法律を犯していない」任正非CEOがアメリカに反論 より

HUAWEIは研究開発に巨額を投じていることでも有名です。
CPUは自社からスピンオフしたハイシリコン社で開発し、一部の機種ではありますがSoCにKirinと呼ばれる独自のCPUを採用しています。
スペック的にはクアルコム製のSoC Snapdragonの同世代製品と比較するとやや劣る程度とされていますが、最新のSoC Kirin 980はクアルコム製にも引けを取らないベンチマークスコアとなっています。

また独自でOS開発も行っているとされており、その要素技術は既に製品にも投入されているようです。

ファーウェイにとっての強みは、ハードウェアとソフトウェアを密に連携できるところです。それができるのは、ハイシリコンのチップを搭載しているからでもあります。EMUIは名前こそUIですが、実際には完全なOSと言えます。ドライバだけでなく、Linuxのカーネルや抽象化層まで、(Androidに)最適化と修正をほどこしています。
週刊モバイル通信 石野純也 より

昨年のMate 20 Proの発売を受け石野純也さんが行ったインタビューですが、あのEMUIって結構深いところまで開発してるんですよね。
ポジショントークかなとも思いましたが、まだリリースされていない独自OSの研究はかなりのレベルまで進んでいることが容易に予想されます。
記事ではこれ以外にもかなりのレベルで、ソフト、ハード両面から自社独自開発の技術を投入していることがうかがえます。

巨大なドメスティック市場を背景にガラパゴス化へ?

日本企業からはグローバルなサービスが登場しない、日本企業はグローバルで太刀打ちできない、など時折日本企業が内向的であることを揶揄する言葉を目にします。
また、ガラパゴスケータイとかつて呼ばれたいわゆるガラケーなんかは、ドメスティックに進化しすぎてグローバルでは通用しない代物になり、iPhoneを皮切りにしたスマホの台頭により、ものの数年で淘汰されてきました。

こうした日本企業の失敗が内向的だという揶揄に繋がるわけですが、日本企業が内向的なのには理由があります。
そもそもドメスティックで食っていけるんですよねw

こうしたデバイスに限らずサービスなんかも、最高にドメスティックなものが多いです。
しかも、そこそこそれで食って行けてる。
実はこうした環境は極めてレアで、世界を見ても日本くらいじゃないかと言われています。
お隣韓国は日本の人口の半分にも満たないので、国内市場だけでは食っていけないのでグローバルに打って出るんですよね。

閑話休題、HUAWEIに目を向けると中国という超巨大なドメスティック市場が目の前にあるわけです。
その超巨大市場を背景にした中国初のグローバルサービスも数多くあります。
(米国にとって)最悪なシナリオは、今回の制裁が一時的なダメージに留まり、その後全て自己完結できてしまった時にどうなるのかということではないでしょうか。

任CEOのインタビューの余裕は、ここから来ているのではないかと勘ぐりたくなります。
実際に、

今年1~3月期の売り上げは前年同期比で39%増の勢いだったが、米中貿易摩擦の激化で4月は25%に下がった。輸出規制が加わり、通年では「20%増には達しない」と前年並みにとどまるとの考えを示した
「ファーウェイは法律を犯していない」任正非CEOがアメリカに反論 より

と、制裁が業績に与えるインパクトはそこまで大きくないとの見通しを述べています。
巨大なドメスティック市場の稼ぎを背景に、今後は全て自社完結できる見通しがある、その自信の現れではないでしょうか?

現実的に直近では端末事業は結構ヘコむと思いますし、先端技術研究にかなりの投資をしているとは言え、いきなり部品調達できなくなってもその代替品を自社、あるいは自国内から調達するというのは難しいかと思いますが、それも時間の問題かと思われるほどHUAWEI、そして今の中国には勢いを感じます。

その姿にはかつての日本を見るようでもあります。
日本は失敗しましたが、学ぶことは成功よりも失敗からの方が多いのです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
1

じーじ

何でも屋さん。AKB48黎明期のコンテンツプロデューサー、遊技機のプロモーションディレクター、LINEのサービス・コンテンツプロデューサーを経て、ベンチャーで執行役員やったり子会社の経営管理やったりしてま、、、したw

無駄な教養が身につくマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。