HUAWEI OSとはどんなものか?

HUAWEI OSとは

HUAWEIに対しGoogleがサービスの供給をストップさせても、Android OSが急に作れなくなるわけではありません。
昨日の記事でその辺については触れましたが、Android OSはAOSPで提供される、文字通りオープンソースな物なのでOSの開発自体には大きく影響は出ないでしょう。
EMUIは名前こそUIですが、結構深いレベルにまで手を入れていることから、HUAWEIのいう独自OSとはEMUIのこと、あるいは更に深いレベルで独自にアレンジしたHUAWEI OSと言うことになるのでしょう。
AOSPなのでこの程度の開発であれば独自OSとしての道筋は立ちそうです。

OSは確保出来た、でもサービスは?

さてOSはメドが立っているとしても、肝心のサービスの部分はどうなっていくのでしょうか?

自分の手元を見ると、私は元々長い間iPhoneユーザーで、仕事をきっかけに本格的にAndroidを使うことになった人です。
それまで使っていたBlackberryを卒業して、iPhone3Gから1台おきくらいのペースで乗り換え10年近くが経ちiPhone XSをメインとして使っています。
その間におサイフケータイがどうしても使いたくて、2台ほどAndroid機種を持ったことがありますが、まあ昔のAndroidってiPhoneと比べるとUXがクソだったわけですよw
そんな印象のまま今年の春頃に発売されたZenFone Max Pro M2を購入して本格的に使い始めたのですが、その進化っぷりには驚かされました。

購入機種の選定にあたり当然HUAWEI機も触ってみたんですが、とにかくiPhoneのことを良く研究しているなという印象で完成度の高さには少々驚かされました。
そして何よりコスパがいいのですよね。
売り場の確保されたスペースの面積や、売り場自体の作り込みなんか見ててもHUAWEIがどれだけ力を入れているのかが伝わってきます。

UXはHUAWEIの技術力とは異なるレベルの話

結局自分はASUS機を購入したのですが、Android端末を使って始めてGoogleからの囲われ方の半端なさに気づかされました。
ずっとiPhoneユーザーだった人は必ず驚くと思います。
Apple IDがそのままGoogleアカウントに置き換わったと言えば分かりやすいでしょうかね。
何から何までGoogleです。
Googleに紐付くドライブ、マップ、フォト、YouTube、アドレス帳、カレンダー、バックアップ、アシスタント。
Apple IDのようにGoogleアカウントに紐付けられたユーザー体験がしっかりとデザインされています。
移行する時に気づいたのですが、iPhoneからもGoogleドライブの一部の機能が利用できて、フォトなんて超絶便利なんですよね。
サードパーティーのアプリの種類も豊富ですが、Android端末の基幹サービスはGoogle無しには成り立たないものになっているんですよね。

このUXの部分は技術力だけではどうにもならないかなと思います。
すでにGoogleに囲われてるんですよね。
同時に、じゃあGoogleは安全なの?ってのもありますけどw

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
1

じーじ

何でも屋さん。AKB48黎明期のコンテンツプロデューサー、遊技機のプロモーションディレクター、LINEのサービス・コンテンツプロデューサーを経て、ベンチャーで執行役員やったり子会社の経営管理やったりしてま、、、したw

無駄な教養が身につくマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。