HUAWEIの何が問題なのか?広がる信用不安

スマートフォンは個人情報の塊

ネット上でHUAWEI端末に対して抱く不安な点を見ていると、個人情報が抜かれるのが怖いといった意見がよく見受けられます。
しかし、個人情報という観点ではAndroid端末のユーザーであればGoogle、iPhoneユーザーであればAppleに預けているという意味では、HUAWEIに個人情報が抜かれるのとどう意味合いが違うのか?という疑問が湧きます。

中国政府に監視される?

多くの人はその理由を、中国に監視されるという文脈で上げる人が多いように感じます。
じゃあGoogleやAppleのあるアメリカなら良いのか?という更なる疑問が湧いてきます。
そもそもなんですが、HUAWEIのAndroid端末が仮に世界中のユーザーから個人情報を吸い上げたとして、その情報にどの程度の利用価値があるのか?という疑問も湧いてきます。
ユーザーの多くを占める一般人の個人情報を政府レベルで集めても、諜報という意味においてはあまり利用価値は無いように思います。
全体をビッグデータとして抽象化して統計的に何かの目的を持った利用価値はあるかと思いますが、そういったレベルでの個人情報の抜き取りで、恋人や家族とのやりとりだったりクレジットカードの番号やパスワードを収集しても、まあせいぜい詐欺レベルでしょうから、国家として掲げるほどの目的と利益とコストのバランスは取れないでしょう。
仮に、僕自身が今中国政府に狙い撃ちで情報的な意味で監視されて丸裸にされても中国は何の得にもならないでしょうねw
ただし、これが政府関係者や防衛関係者、ハイテク企業など対外諜報活動や産業スパイの対象になり得る人になると話は変わってきます。
大多数の一般人とは無縁ですが、一部の特別な人は配慮が必要ですね。

HUAWEIのスマホはキケンなのか?

実のところ、HUAWEI製品で具体的にリスクを指摘されたスマホは存在しないんですよね。
現時点でHUAWEIのAndroid端末のどれにどういうリスクが存在しているということが判明した事実はなく、取り立てて危険が証明された事実もありません。
ただ、先日のオランダのHUAWEI事件のように、基幹設備ではチラホラそういった事案があるのでメーカー全体として疑われているわけです。

アメリカは本気

今回の件で一番感じているのは、アメリカは本気だと言うことです。
武器こそ使いませんが米中開戦の様相であり、その中でもシンボリックな存在であるHUAWEIへの制裁は影響範囲の広さと一般人との接点も大きいことから注目度も高まっていると言えます。
この制裁でネガティブな影響を受けるのはHUAWEIだけではなく、HUAWEIと取引のある日本企業も間接的な影響を受けてしまいますが、同盟国側としては本気のアメリカに盾突くわけにも行かず粛々と対応するしかないというのが実際の所のようです。
イギリスのARM社も今回の制裁を受けてHUAWEIとの取引を停止していますし、その影響範囲は計り知れません。
去年から続く米中の応酬では、中国には勝ち目がないのではないかと目されてきました。
一方の中国は、国内世論の圧力もあって強気の姿勢を崩していません。
米中で協議が続けられていますが、本気モードのアメリカがそう簡単に妥協するとも思えず、問題は長期化の様相を呈しています。

で、誰が得をするのか?

今回の米中貿易戦争で得するのは誰もいないように思います。
トランプ大統領としては5Gの覇権を中国に握らせまいと(そこまでテクノロジーに明るいとは思えませんがw)関税だけではなく制裁まで発動しているわけですが、世界の工場とも言われる中国の代替国もそう簡単にはありませんので、世界中の企業があらゆるリスクを意識したはずです。
自国中心主義で保護貿易色の強い大統領ですので、ここまでグローバリゼーションが進んだ世の中では基本ブーメランな政策なんですけどねw
以前、中国が日本への制裁措置としてレアメタルを輸出しなくなった時、日本は比較的早くその代替品を作ってしまったということがありました。
今回中国は同じことを意識しているはずです。
外堀を埋められた時、自国でそれを賄い完結することは難しいのです。
GDPは世界2位の経済大国になりましたが、基礎テクノロジーはまだまだ発展の途上にあるといったところでしょうか。
そもそもGDPはフローの話なので大きさを競っても意味ないんですけどねw

広がる信用不安?

HUAWEIに関する信用不安は拡大の様相を呈しており、それは日本に限らず世界中で起きているように思います。
ただスマホに限って言うと日本だけなんですよねw
ヨーロッパではP30シリーズ普通に売ってるみたいですw
横並びで売らなければとりあえずヨシという日本的な感じなんですかねw

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
6

じーじ

何でも屋さん。AKB48黎明期のコンテンツプロデューサー、遊技機のプロモーションディレクター、LINEのサービス・コンテンツプロデューサーを経て、ベンチャーで執行役員やったり子会社の経営管理やったりしてま、、、したw

無駄な教養が身につくマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。