HUAWEIショック、制裁1週間足らずでシェア激減

スマホ市場はHUAWEI端末値下げ一色

この1週間でHUAWEI端末の販売価格が大きく値崩れし、価格.comを見る限りではもはや投げ売りの様相を見せていることをお伝えしましたが、昨日の記事から今この記事を書いている間に掛けても値崩れは続いており、今後もこのトレンドは続くのではないかと思われます。
その原因についてはこちらをご参照下さい。

HUAWEIシェア激減

そんな中、衝撃的な数字が飛び込んできました。
BCNが伝えるところによると、

問題発生直前の5月15日に15.3%でアップルに次ぐ2位だったファーウェイのシェアが、直近の5月22日に5.0%と3分の1に縮小したことが分かった。
BCN記事より

BCN記事より


これは販売シェアに関する記事なのですが、わずか1週間で販売が大きく鈍化しており販売シェア2位から6位にまで失速しています。
これだけ売れなくなると、そりゃ投げ売りしますよねw

漁夫の利を得たのは

Appleが大きく販売シェアを大きく伸ばしました。
漁夫の利はAppleが得ましたねw
Android端末メーカーに限って言えば、やはりサムスンが微増ながら新機種投入のタイミングもあり伸ばしたようです。
個人的にはASUSに頑張って欲しいですけどねw
ZenFone6の日本発売に期待です。
たぶん7月頃ですかね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
1

じーじ

何でも屋さん。AKB48黎明期のコンテンツプロデューサー、遊技機のプロモーションディレクター、LINEのサービス・コンテンツプロデューサーを経て、ベンチャーで執行役員やったり子会社の経営管理やったりしてま、、、したw
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。