自分にとってのNoteと技術記事

ソフトウェアエンジニアは技術ブログをどこで書くべきか、というNoteの記事があった。以下、技術記事をどこに書くか、そしてNoteをどう使っていくかについて、私見を述べる。(あくまで個人的な印象ベースの話であり、定量的な調査等はしていない。)

技術情報は英語で書くべき。日本語の技術記事はコスト回収の見込みがあって初めて書くべき。

日本語が母語なのでつい日本語でいろいろ書いてしまいたくなるのだけど、基本的に技術情報は英語でないとまともには活用してもらえない(日本語処理など日本語固有の情報を持つものを除く)。なので、技術tips集は日本語では書かずに英語で書き起こすようにしている。自分の場合は雑文を含めてGitHubのGistに入れていることが多い。最近Mac miniの入れ替えをしたのだけど、その時の内容はこんな感じだ。

Noteで技術記事を書くとしたら、それは日本語のコミュニティへのネタとして使うか、あるいは有料にしてコスト回収を期待できる内容にするか、どちらかだと思っている。もっとも商業的価値を期待するなら、ある程度まとまった記事にして雑誌あるいは書籍原稿にしたほうがいいというのもあるので、あとはかける時間に対する効果の問題で判断するしかないだろう。

Noteでの技術コミュニティ参加者は少数派。

Noteは基本的に日本語のあたたかいコミュニティなので、そこにいきなり技術的な内容だけを投げ付ける場所ではないと思っている。むしろ自分の好きなことを書いていくのが良い。少なくともはてなのような殺伐とした世界を期待して文章を書くべきではないだろう。

(余談だが、すべての技術者がはてブを支持しているとは思わない方がいい。ネガティブコメントを書き捨てるための道具になり果てたはてブに建設的な要素があるとは私には思えない。そのためにはてなのサービスは一切使うのをやめた。それくらいはてブが大嫌いである。)

MediumとNoteは見掛け似ているのでよく比較されるが、Mediumは基本的に英語以外で使える場所ではないし、技術記事であっても技術そのものではなく技術の周辺にある事項が他の論説文同様に書かれているから面白いという側面があって、かつMediumに転載することで元ネタに誘導するという使い方がNote以上に頻繁にされているので、Mediumであっても技術記事を直接書けるところではないという印象がある。そういう意味で日本語のMediumはMediumのメインストリームとはほとんど関連のない別世界である。

技術エッセイはNoteには向いているような気がする。

技術は技術情報だけで成り立っているのではなく、その周辺にある歴史、人の動き、政治と抗争、カネの流れ、そして流行りすたりといった技術にまつわる人間の活動があって初めて社会的に意味あるものになる。そういった周辺の話を書く技術に関連した技術エッセイは、文芸的な記事の多いNoteとは親和性は高いと思う。言い換えれば、技術の一次情報を読みたい人は、Note以外の場所に行きそうな気がしている。

そんなわけで、自分にとってのNoteは、まだしばらくは試行錯誤を続けつつ、日々の技術屋として、あるいはそうではなくとも生活に関する話を書く場所になりそうな気がする。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆様からいただいたサポートは、個人事業の研究開発活動で使わせていただきます。

ありがとうございます。励みになります!
16

力武 健次 / りきたけ けんじ

力武健次技術士事務所 所長。ペパボ研究所 客員研究員。ソフトウェアエンジニア。https://github.com/jj1bdx https://www.instagram.com/jj1bdx 事務所Webページ: https://rikitake.jp