「赤ちゃんのいる老人介護デイサービス」をあなたの近所に出現させるための、かなり確実な2つの方法

こちらの記事を非常に多くの方に読んでもらっています。ありがとうございます。本当は、もっと細かい面白いことが無数にあって、何とか文章にしたいと奮闘しております。

記事へのコメントやメッセージもたくさんいただいておりまして、非常にうれしく思っています。それらの中で特に多いのが、「こんな取り組みが広まればいいのに!」という内容のものです。

「近くにあったら働きたい!」とかも結構多いです。

やはりすごくニーズはあるのだと感じました。ニーズというか、本能みたいなものなのか??

で、どうやったらあなたの近所に、赤ちゃんのいる老人介護デイサービスができるのかを考えてみました。


1.あなた自身が起業する

これは、僕らのパターンですね。

僕らがやり始めたときは、赤ちゃんのいる老人介護デイサービスのニーズは無かった(赤ちゃんがいたらいいのにと思う人はいたけど、本当にそういうところがあってもそれってどうなの?みたいな感じでした)ので、営業とか周知活動とかみんなでいろいろがんばりました。

娘と一緒に居宅支援事業所に営業に行ったり・・・。

娘と介護関係の市役所窓口に申請手続きの書類提出に行ったり・・・。

実際いくと、居宅支援事業所は子どもの話題で盛り上がって、子どもにお菓子を出してくれたりとなかなか帰れず、逆に市役所は、「お嬢さん退屈だよねぇ」と言ってくれて早く帰れるという。まあ、ここら辺の話は、また違うとこでまとめるとしますが・・・。

でも、今は、社会全体が「なんかいい方法ないかな」とか、「ほんとはもっとこうだったらいいのに」みたいな空気が濃くなってますよね。

それに、僕らみたいに実際にやって、経営できてるところもあります。

「私がやりたかったのは、まさにコレです!」というメッセージもかなりいただいています。

今です!やりましょう!

経営者になるわけですから、子連れで働こうと自由です。ほんとにすぐできます。

やりましょう!

やり方は人それぞれでOK。あり方みたいな部分を強化したい場合は、僕らもお話にいったりとか可能な限りします。是非、始めましょう!


2.「赤ちゃんのいる老人介護デイサービスを利用したい。」と言う

起業しようかな!と、思っても、やっぱりそう簡単には難しいでしょう。というあなたはこの方法をお勧めします。

「うちの親、子どもがめちゃくちゃ好きなんですよ。そういう施設ありませんか?」と、ケアマネージャーさんに言うんです。

実際、需要と供給の問題でもあるので、そういうところ無いかなーと言ってみるのが一番です。

特に、介護分野というか通所介護とかは、利用者本人やその家族のニーズに対応したいという気持ちが強いですし、ケアマネさんたちも、ただ通うだけじゃなくて、できるだけ本人たちの希望を叶えたいし、可能な限り毎日を楽しく過ごしてほしいと考えています。

なので、是非、言ってください。

「利用者やその家族は、赤ちゃんのいる施設に通いたい傾向がある。」と、なんらかの調査結果がでたら、さらにラッキー!

普通の会社に言うのと違って、かなり効果的だと思います。

みんながそう言ってくれたら、起業する人もがんばれるし、既存施設も何とかしようと考えるはずです。

そうしたら、このような取り組みは加速度的に広がっていくのではないかと、僕は思っています。

こちらでもまとめてます。デイサービスを開放せよ!子連れで働く実験ノート!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あなたらしさを取り戻す相談窓口開催中。待ってます。
28

ワタナベ・J・フォックス

1981年生まれ。北海道函館市出身。一児の父。 地元高専卒業後、豊橋技術科学大学にて博士号(工学)を取得。在学中、仲間と共にNPOや株式会社を設立。 現在は、子どもを中心とした様々な「ひと」が参加できる新しい介護の体系化に取り組んでいる。つもり。

1つ のマガジンに含まれています

コメント10件

なんか、わかるようなきがします。いえいえ私は文章力がないので、伝わってるか不安になります。すみません。この問題ちょっと後から回答させて頂いていいですか?
もちろんいつでも構いませんよ〜〜!!という以前に議論させていただけること、感謝致します。
まだまだ介護業界の実態を把握できておりませんのでこれから色々と勉強していきます!!
我々の力でなんとかなる部分と、もうどうしようもない部分を分けて考え、少しでもみんなが(少なくとも私の周りの人間が)楽しく生活ができるようにしていきたいのです。
頑張って下さいね。
介護業界は奥がかなり深いです。
まず地域性が重要になりますので、その地域に根ついたディサービスをつくってくださいね。
すたあさん ありがとうございます!きちんと業界を俯瞰してから何かお役に立てるように精進致します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。