恋するカフェの日。

お気に入りのカフェでモーニング。カフェ好きですが、新規開拓はあまりしません。気に入ったお店に何度も通うタイプです。常連になっても店長さんとも仲良くお喋りなんてしませんし、間違っても「いつもの」なんて言いません。(お店の人と仲良くなる人って素敵だと思います。ですが、私は適度にほっとかれる方がリラックス出来るのです)礼儀正しく、毎回初めて利用したような顔をして注文します。

別の日に同じお店で、1時間ほどまったり。カフェオレが本格的で美味しかったな。このお店はカフェの雰囲気だけど、オーナー兼店長さんはバリバリの珈琲職人さん。私はかわゆいスイーツ女子ではないのでこの日はスコーンを。(パンケーキとか憧れるけど、甘すぎるの苦手なの)スコーンにはティーの方が相性がいいけれど、この日はどうしても譲れない気分。結果、カフェオレとスコーンで、口のなかがザラザラになる。こんなオーダーミスもご愛嬌、わりにご機嫌な私。「カフェオレ、美味しかったです」お会計時にオーナーさんに伝える。返事は期待していないので覚えていない。もしかしたら何も言われなかったのかも。でも、また来ます。

カウンターの座り心地が、最高な珈琲屋さんは友人の紹介で知りました。豆も自家焙煎。そして常連さんと必要最低限しか話さない寡黙な店主。お客様と距離が近いカウンター席で、その姿勢を貫くのって、カッコいい!そして私達のことなんて、すっぽり忘れてネルドリップに集中している姿を、興味のないふりをしてチラチラ見る。何かに夢中になる姿は、実は珈琲や名物のチーズケーキよりも美味しかったりする。私、そういう人が大好きなんだ、恋するカフェの日。

『珈琲と過ごす至福の時間』について、つらつら書いています。良ければ、もう一杯いかがですか?

https://note.mu/jkhat707/n/n3c36256e442d


#エッセイ #カフェ #恋 #写真 #iPhone

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ようこそ、my noteへ!あなたの日常に少しでもお邪魔できて最高に嬉しいです。少しでもあなた好みでしたら、スキやフォローして頂けると、それが一番嬉しく思います。 これからもよろしくお願い致します。

君がnoteに来てくれる日はいっつも素敵な事が起こるんだ!
28

月野つばさ

君と私のcafe time。

カフェでホッとひと息ついた時に、読みたくなるようなエッセイを中心に綴っています。語り手は私ですが、一緒にcafe timeを楽しんでもらえたなら何よりです。
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

miekunさん、コメントありがとうございます!noteはリアルな自分より毒舌で書いているので、ホッコリして頂けているなんて嬉しすぎます(*≧∀≦*) miekunさんの子供の頃〜カツ丼の辺りがすごく興味深いです。私こそBARやスナックは大人の入り口です、今も笑
書けるかどうか分かりませんが、私もチャーハンについて書こうと思っています(*'▽'*)❤️お忙しいと思いますが、miekunさんのnote更新、楽しみに待っています!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。