【初級】 どの・どう・どれ・どんな

商品内容

①「どの・どう・どれ・どんな」の違いについて

こちらはパワーポイントでの販売も行っています。パワーポイント版はアニメーションで徐々にスライドが変化していきます。購入をご希望の方は jn1et@outlook.jp へご連絡ください。



これは習う方も教える方も苦労する初級の教授事項である。これを説明する時は「どれ」「どの」グループと、「どう」「どんな」グループの2つのグループに分けて説明する。

「どれ」と「どの」グループ
外見から判断し、目前の物を指し示す。

「どう」と「どんな」グループ
内面から判断し、それがどのようなものかを述べる。

「どれ」は外見から明らかにそれであると判断できるものに対して使う。

女性が男性に「私のくつを持って来てください」と言っている。男性が「どれですか」と尋ね、女性は、男性が女性の靴がどれかわかるだろうと思い、色や形の特徴を述べず、ただ「それです」と答えている。

しかし、靴がたくさんあり、男性はもう一度どれかと尋ね、両者気分が悪くなる、という「どれ」の不便さを伝えた後に、「どの」の説明に移る。

この続きをみるには

この続き:1,441文字/画像8枚

【初級】 どの・どう・どれ・どんな

【有料版】日本語教師のN1et

360円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

『日本語教師のN1et』管理人のカキアゲです。画像付きのnoteはパワポ版もあるので、パワポ版をご購入の際は jn1et@outlook.jp へご連絡ください。 教案サイト: https://jn1et.com/

2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。