【初級】 「ように」の用法の違いの教え方

商品内容

① 違い
(無意志動詞)Vジ/Vナイ+ように、~
(無意志動詞)Vジ+ようになりました
(無意志動詞)Vナイ+なくなりました
(意志動詞)Vジ+ようになりました
(意志動詞)Vナイ+なくなりました
(意志動詞)Vジ/Vナイ+ようにしてください
(意志動詞)Vジ+ようにしています

② それぞれの注意点
「ようになりました」の【能力の変化】と【習慣の変化】の違いの教え方
(意志動詞)Vジ+ようにしています【習慣】の注意点
ようにしてください【恒常的な依頼】と「~てください」の違いの教え方

③ 「ために」について

④ 「ように」と「ために」の違いの教え方
(無意志動詞)Vジ/Vナイ+ように、~
(意志動詞)Vジ+ために、~に、~


違い①

まずは違い①を【用法】と例文で見ていく。

(無意志動詞)Vジ/Vナイ+ように、~【目標・目的】
日本語が話せるように、勉強する。

(無意志動詞)Vジ+ようになりました【能力の変化】
日本語が話せるようになった。
(無意志動詞)Vナイ+なくなりました【能力の変化】
日本語が話せなくなった。

(意志動詞)Vジ+ようになりました【習慣の変化】
たばこを吸うようになった。
(意志動詞)Vナイ+なくなりました【習慣の変化】
たばこを吸わなくなった。

(意志動詞)Vジ+ようにしています【習慣】
毎晩3時間勉強するようにしている。
(意志動詞)Vジ/Vナイ+ようにしてください【恒常的な依頼】
遅刻しないようにしてください。

以上をまとめると、以下のようにまとめられる。

この続きをみるには

この続き:1,784文字/画像7枚

【初級】 「ように」の用法の違いの教え方

【有料版】日本語教師のN1et

290円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

『日本語教師のN1et』管理人のカキアゲです。画像付きのnoteはパワポ版もあるので、パワポ版をご購入の際は jn1et@outlook.jp へご連絡ください。 教案サイト: https://jn1et.com/

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。