ユーザーインタビュー設計勉強会 #theguild_study

今日は先日参加してきたTHE GUILDの勉強会について書きます。
テーマは「ユーザーインタビュー設計」。
弁護士ドットコムの金子さんの組織の話とDMM.comの西部さん、伊藤さんインタビュー実践そのものの話の2つがメインでした。

結論からいうと、エクスペリエンスデザイナーとしてインタビュー自体の技術をあげるということと組織にどう浸透させていくかという課題があったので、その両面を考えるとてもよい機会になりました。

共感は難しいということをみんなに理解してもらう

まずは金子さんの「ユーザー中心組織論」から。

ここで1番大事なのは、共感ってかなり難しいということ。
ユーザーのことを考えているつもりでも、自分の製品やサービスの押しつけになっていることってよくあります。
自分が純粋なサービスのユーザーだったら絶対使わない、イヤだって感じることをつくる側にまわると平気でやってしまうんです。

ビジネス、マーケティング、プロダクトなどの各部門にはそれぞれの思いがあります。
個別に考えると方向性がバラバラになる可能性が高いです。

じゃあ、どこに合わせるのか。
ユーザーに合わせるのが1番いいでしょうという話。
ユーザーインタビューはあくまでも手段なので、ユーザーの課題をすべてのメンバーが共感する方法があれば問題ありません。

手段をインタビューにした場合、つくり手みんなにインタビューをしてもらうことが大事です(最低でも参加してもらう)。
ユーザーインタビューをやったことある人ならわかると思いますが、実際にユーザーから直接声を聞くのと、サマリを資料でもらうのでは全く違います。

参加者を誰か1人選ぶとしたら誰がいいのか。
それは、サービスのオーナーです(プロジェクトだったらプロジェクトマネージャー)。
要は偉い人ですねw
残念ながらメンバーレベルでやっていてもサークル活動と思われがちです。
無理矢理でもステークスホルダーに体験してもらうことが大事だなと日々思っています。

自分の現状と照らし合わせると、小さく始めることはできているので、次はいかに大きなところを巻き込めるかが大事ですね。

インタビューをやりたい人の期待に応える

DMM.comの西部さん、伊藤さんのパートはインタビューの実践編。
実際にユーザーインタビューをやったことある人なら「あるある」と感じる内容だったのではないでしょうか。
困ったときの具体的な解決方法は、これからインタビューをやってみようという人にはとても役に立つと思います。

UX部というオフィシャルな組織として、あらゆる方向からのインタビュー設計依頼に日々応えているようでした。
すごく大変そうではありますが、チームとして存在すると、知識や方法が蓄積されたり、周囲の人たちも依頼しやすくなるというメリットがあると感じました。

インタービューって実際にユーザーに話を聞くところもそうですが、その前のリクルーティングやインタビュー後のシンセサイズがすごく大変だったりします。
インタビューやりたいけどやったことがない人がイメージできないところをしっかりサポートするという意味でUXリサーチャーのチームをつくりたいなと最近ふんわりと考えています。

こまかなハウツーは、スライドをみてもらうとして、1番いいなと思ったのはインタビューのライブ配信。
できるだけ多くの人を巻き込むという意味ではとても有効な手段だと思いました。
スマホがあれば、かんたんにできそうなので1度試してみたいです。

まとめ

資料はSlideShareにまとまっています。

ユーザー中心組織論
「ユーザーの声を聞きたい」環境を整える 〜最小単位とプラス1〜

登壇者の方や勉強会参加者の方と話してみて思ったのは、やるかやらないか。
ただそれだけだなと。
やらなくても成長できるサービスはあるので、そこが難しいですが、自分が納得できるようなサービスをつくるためにもやれることは全部やろうと思いました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでいただきありがとうございます :) サポートはインプットのための書籍の購入に使わせていただきます。

いつも応援ありがとうございます☆
11

designについて考えたこと

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。