2つの仕事をしてみて思ったこと

年が変わったからというわけではありませんが、noteをちゃんと書いていこうと思います。

2018年で1番大きかったできごとは、ヤフー以外の仕事としてキュカで仕事を始めたことです。
複数の仕事を持つことで仕事の質について考えるようになったので、そのことについて書きたいと思います。

時間をどうつくるか

あたり前ですが、時間は限られています。
今までの+αのことをするには、時間をつくる必要があります。
キュカの仕事は、あたり前ですがヤフーで働いている時間以外ですることになります。
なので自然とヤフーでの残業が限りなくゼロになりました。
かといって、アウトプットや評価が下がっていないので、今までダラダラと働いていたんだなと実感しました。

時間をどうつくるかというより、2つの仕事を持つことで自然と最適化されたといった方が正しいかもしれません。
時間ができたら何か新しいことをやってみようという人は多いと思いますが、とりあえず飛び込んでみれば最適化されるのでやりたいと思ったらやり始めることが大事です。

スケールすることを意識する

キュカでの仕事は、いわゆる副業というかたちを取っています。
副業というと、アフィリエイトでちょっと小遣い稼ぎみたいな感覚の人も多いかもしれませんが、そういう意識ではなく自分の成長を意識して働くようにしています。
データアナリストとしては、社内でもたくさん仕事をつくることができるのでその武器は活かしつつ、キュカではマーケティングの仕事をメインでやっています。

マーケティングでも、いわゆる自分のかたちをつくって、仕事をつくることができるようにしたいです。
とりあえずは、スタートアップのマーケティングの方法を試行錯誤して、かたちをつくっていければなと考えています。

実践に勝るものはない

何かを始めるときに、ちゃんと学んでからという気持ちになるのは理解できます。
でもやっぱり実践に勝るものはないんですよね。
お金もらって、仕事となったらやるしかないですから。
そして、必要であればそのときに勉強するしかないです。
大変ですけど、これが1番力がつく方法です。
あとは自分が何をやったかという結果もちゃんと残りますし。

データ分析やりたかったら実際のデータで分析してみるのが早いし、マーケティングやるならサービスのマーケティングやってみる、デザインやりたいならバナーの仕事をやってみる。

飛び込んでみるのは大事です。

つながりをつくっておくのは大事

人とのつながりから生まれる仕事って楽しいです。
「◯◯さんだからお願いしよう」とか、「◯◯さんがやっているサービスだから一緒にやってみたい」とか。
そこには自分の意思が反映されやすいんだと思います。

そのためにも自分ができることややっていることを目にみえるところに書いておく必要がありますね。
(ここが最初のnoteちゃんと書きますにつながります。)

まとめ

いろんな仕事をすると、気持ちに余裕が生まれます。
あと一方をがんばりすぎるともう一方に影響が出ると思われがちですが、相互にいい影響を与えることのほうが多いです。

今回の内容は昨年読んだこの本に書かれていることに少なからず影響を受けていると思います。

これからもお仕事をいただけるようにがんばっていきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでいただきありがとうございます :) サポートはインプットのための書籍の購入に使わせていただきます。

よかったらシェアもお願いします!
8

#日記

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。