George Yamamoto|ジョージ山本

長野県生れ→文芸班→19で上京→バンドマン→紙の研究→マーケ調査屋→文芸メルマガ(2004~09)→豆腐メンタルにて帰郷→社会復帰リハビリ中 アイコン→ https://note.mu/arigator_

社会人復帰1ヶ月は怒涛の日々で

すっかりnoteご無沙汰になっていましたが、私は比較的元気。山本です。

43才のハローワーク求人者があれよあれよという間に内定を獲得し、先月16日から20~30代が中心の若くて勢いのある農機具屋 かつ ITベンチャーという、なかなかユニークな会社の社員となりました。

経験的に、入社後1ヶ月で覚えたことや、先輩社員からかけてもらった言葉とかって、大抵その後何年経っても忘れなかったりするものです。

もっとみる

くるみ蕎麦が絶品!長野県が誇る信州蕎麦の王道「草笛」とは

久々に地元蕎麦屋のレビューを書こうと思います。
以前の「刀屋」さん以来ですね。
池波正太郎が通い詰めた蕎麦店「刀屋」とは

刀屋は知る人ぞ知る名店、という感じで、その盛りの量といい決して万人受けしないスタンスといい、ある意味老舗店としての本気が見受けられる潔さはありますが、如何せん敷居の高さが気になる人もいるのでは?

そんな一般庶民にも優しい、開かれた信州蕎麦屋である「草笛」を今日はご紹介しよう

もっとみる

その炎の中で黒焦げになって死んでいく人がいる

「市街地でテロ、〇人死亡」
「航空機が炎上、△人死亡」
「M7級の地震、◇人死亡」

平成の世になっても、令和の世になっても、ひとたびスマホやテレビを点ければ、そんな悲惨なニュースが世界中から否応なしに僕らの目に飛び込んでくる。ご丁寧に視聴者投稿の映像や画像付きで。

炎上する家屋や機体、破壊される建築物などを見るたびに、僕らの目はそのあまりの非日常感に釘付けになってしまう。酷い、どうしてこんなこ

もっとみる

また一つ、光を失った。

何も聞こえない
何も聞かせてくれない

そんな出だしの曲をカラオケで歌ってしまうのが好きな程度に、ネガティブ路線を地で行っていた僕にとって、明るさとチャーミングな笑みを称えた君の表情は文字通り光だった。

出会って3回目のデートを境にぷっつりと連絡が途絶えてしまった君の姿を、街中に探していた。

ベッドに置いていた初めて買った黒いラジオ
いくつものメロディがいくつもの時代をつくった

最初に出

もっとみる

僕は、親になれなかった

43才。今年で44才になる。父親はちょうど30才違いの74才。まだまだ本人は元気だが、歩き方が相当シニアな感じになってきていて、ちょっとした感慨に浸る瞬間が度々ある。

つまり僕は父が30才の時の子だ。3人きょうだいの長男として生まれ、比較的自由に、我儘に幼少期を過ごした。2つ下の妹とは常に良きライバルで、親の愛情の剥奪戦を繰り広げたり、競って漫画やイラストを描いたり、お菓子の缶を叩くパフォーマン

もっとみる
ありがとうございます。明日は良いことありますよ♪
45

令和1年目に社会人に復帰する

およそ2週間後から、地元のITベンチャー企業で働くことが決まりました。

帰郷し、ハローワークに通い始めてから約半年。これまでのマーケティング関連経験を活かせそうな企業は、地元では数少なかったわけですが、そんな数少ない企業の1つに見初められまして(笑)比較的スムーズに内定まで漕ぎ着けることができ、運が良かったなぁと思う次第です。

最終面接の後の飲み面接(笑)で社長さんに聞いたら、年間200エント

もっとみる
ありがとうございます。明日は良いことありますよ♪
35