リーマンとして年収800万円稼ぎながら、副業ブログで月収154万円稼いだ僕が、副業ブログで成果をあげる方法を紹介【具体例付きで解説】

どうも。ジョーです。初めてNoteを執筆しています。


簡単な経歴

現在29歳の会社員で、大手人材メディア企業に在籍しています。職種は営業、年収は約800万円です。

これまでサラリーマンとしては、常に自身に帰属する「スキル」を高めることを意識しながら仕事をしてきました。

スキルを習得するため、一度は年収が下がって転職もしました。ですが、自分の稼ぐスキルを高めることを徹底したことで、転職先でも年収が一気に上がることに成功。現在の年収は800万円程となっています。


2年前に副業をスタート

サラリーマン業と並行して、「副業」を始めました。副業で取り組んだことは複数ありますが、現在のメインは「ブログでアフィリエイト収入を得ること」です。

ブログ・アフィリエイトを始めたのは、今から2年以上前です。当時はなんとなくブログ・アフィリエイトの存在を知り、興味を持ったので始めてみました。

ですが、最初は全く稼げず、無報酬が3ヶ月ほど続いたんですよね。

不安になりネットで調べたデータによると、「アフィリエイトは月5,000円すら稼げていない人が大半」というデータを見つけました。ブログをやっている方なら、一度は見たことがあるデータかと思います。

それを見て、「なんだ、やっぱりアフィリエイトで稼ぐなんて無理なんじゃないか・・」と、諦めそうになったことを、昨日のことのように覚えています。

でも、そこで辞めずに続けたことで、時間はかかりましたが、現在は月100万円を超える収益を、サラリーマンの「副業」という立場で実現することができました。

ネットで見ていると、専業で月100万円を突破している人はそこそこいるように思います。ですが、私が知っている限りだと、サラリーマンの「副業」という形で、月100万円を超えている人は、かなり少ないです。実際に某ASP(A社)の担当者にも話を聞いたことがあるのですが、副業で100万円稼いでいる人はかなり少数派とのことでした。

僕自身、サラリーマンとしての仕事は非常に忙しいです。ですが、そんな忙しいサラリーマンという立場でも、副業アフィリエイトで確定ベースで月154万円行くという事実を、特に、なかなか給料も上がらず、生活が楽にならない「サラリーマンの方」に知ってほしいと思い、本noteを書いています。


Noteの内容について

本記事の内容は「ブログ・アフィリエイトで稼ぐ方法」です。

具体的なブログ・アフィリの話もしていることから、ブログ・アフィリエイトにまだ興味がない方というよりは、「これからブログ・アフィリエイトで稼ぎたいと思い、すでにブログを立ち上げている」かつ「稼げていない」、月収10万円未満くらいの方におすすめです。

「本当に稼いでいるの?」と思うかもしれないので、本Noteには「実際の収益データ」を写真でお付けしています。

注①:2018年12月振込の「ASP報酬画面」のキャプチャーのため、実際にどんな商品を、どれだけ販売しているかは付けていません。

注②:私自身、運営サイトは複数ありますが、Twitterで公開しているサイト(JOE OFFICIAL BLOG)以外は公表していません。もしその辺りを知りたく購入を希望される方は、本Noteの購入はご遠慮ください。期待に沿うことができません。

注③:JOE OFFICIAL BLOG自体は、収益の観点では貢献していないサイト(平均: 月10〜20万円確定)であり、サイト設計もめちゃめちゃです。つまり、このブログを分析しても残念ながらお役立ちはしません。


【目次】

第1章:収益データ(画像あり)

第2章:サラリーマンの副業に「ブログ・アフィリエイト」が最適と僕が考える理由

第3章:サラリーマン時給と、アフィリエイト時給の比較【アフィリエイトの圧倒的な優位性】

第4章:サラリーマンが副業アフィリエイトで成果をあげる秘訣

第5章:稼げるジャンルの攻略法

第6章:稼げるジャンルでのキーワードの選び方

第7章:競争の少ないニッチジャンルの戦い方

第8章:その他おすすめのジャンルの選び方

第9章:僕が実際にやって成果が上がった手法

まとめ


ということで、始めていきましょう。まずは実際の収益データから!

この続きをみるには

この続き:5,203文字/画像9枚

リーマンとして年収800万円稼ぎながら、副業ブログで月収154万円稼いだ僕が、副業ブログで成果をあげる方法を紹介【具体例付きで解説】

JOE

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

JOE

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。