内覧会見学と打ち合わせ②の前まで

打ち合わせ①から1週間後の1月14日。

約束の時間に、ハウスメーカーZ社の内覧会にお邪魔しました。

時間があれば場所の少し離れたもう1軒も見る、とのことで

13時30分スタート、今日はどれ位かかるか若干不安に。

1件目は自分たちの希望のエリアからまずまず離れた新興住宅街。

建坪36坪ほどの家は、自分たちの希望より小さめですが、

ハウスメーカーZ社の感じをつかむところとしては良かったです。

A氏が説明してくれる。手袋をつけて見学。

玄関:なるほど。普通。

廊下:普通

リビング:床暖。あったかい。綺麗。ただ6人で住むには狭いな。

キッチン:良い。(今思うと、もっと仕様・価格確認すると良かった)

リビング横の部屋:普通。狭いかな。

サンルーム:なるほど、あると良いけど、我が家に作れるかなー

2階へ。こども部屋:なるほど。普通。

廊下:普通。

全体的には普通な感じ。勿論綺麗だけど。高級感はなく、

普通のアパートと言えばアパート的な扉、壁紙の感じ。

まあ、それもこだわりと、お金のかけかた次第だろうなーと

このお家の建主さんをディスるわけでもなく、正直そう思った1軒目。

それから車で15分程の2軒目へ移動。

こちらは建坪39坪ほどで、自分たちの希望にも近いかなという感じ。

ハウスメーカーZ社の分譲地の中でも、人気があるのか

自分たちが到着時すでに3-4組が見学。

ここでもA氏が説明してくれる。

床暖は1件目同様。良い。

洗面所:広くて綺麗。現在の我が家アパートの1.5倍くらいの広さ。

トイレ:普通。妻的には掃除の点からもっと広い方がと。

2階には主寝室と連続して書斎があり。

A氏は、こういう書斎はどうですか?と話を向けてきて

「良いですねー。欲しいですねー」と答える。

ただ、何かの都合で、扉の仕切りではなく、カーテンで仕切るようで

引き戸や扉のほうが良いなーと思ったりもした2軒目の見学。

この時点で15時を過ぎ、この後見積もり教えてくれるのかなーと

思っていると

<それではこちらへ>

と内覧会のお家の一室へ案内される。

どうやらこの部屋が、内覧会に来たお客さんの打ち合わせルーム。

ここから、打ち合わせ②が始まり、

自分と妻は、ジェットコースターのような思いの移ろいを見せます。

次ノートへ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

助教家を買う

地方で助教が家を買うまでのプロセス。現在進行系。土地選び、ハウスメーカー選び、契約、住宅ローン、家を建てるまでの覚え書き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。