見出し画像

ヘタレンアイ:初告白

いつものごとくスマホで無料マンガを読みあさっていると恋愛要素がはいっているものが多いことに気がつきました。

恋愛マンガというわけではないので、いろんなマンガにそういった要素が散りばめられているだけなんだと思います。

ふと自分の初告白のことを思い出しました。

たぶん中学生の頃だったと思います

遅いのかな?

精神年齢は年齢の半分くらい

人を好きになるということもあんまりよくわからなくて、それでも好きな人がいました

同じ部活の同級生。

先輩とか後輩とかをみる余裕もなく、笑顔が素敵な元気な人でした

携帯やPHSが普及してメールが盛んだった頃で

ゲームと部活ばっかりやってたニキビ男子が好きな女の子ができて、同級生の友達にメールで相談しました。

「俺、〇〇のこと好きで告白しようと思ってるんだけど、どうかな?」

すると

なんと奇跡が起こったのか気持ちが通じたのかその好きな子からのメールが送られてきました!!

「このメール私に送ってる?」

ん?!何言ってんだ?

何のメール?

!!!!やっちまった!

相談メールを本人に送ってしまった!!!

終了〜〜〜〜〜


名前も入れており、

誤魔化すこともできず、

観念して、告白しました。

振られました。

それ以来「告白」はトラウマになりました

ヒトには得意不得意がある!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

柳 宝生

辻堂で生まれ育ち親の敷いたレールに乗って波風のない人生を29歳まで歩いてきました。人と違うことは塩顔男子とは対局のドロソース顔。

コメント2件

ケータイがないときのドラマが話題になりますが、メールが生まれてからの初恋は、どう展開しているのでしょうか。写真の銀座でも、何人かにふられました。

この度は写真を使用いただき、ありがとうございます。
僕らの頃はメールでの告白はタブーでしたね!
仲を深めたり、つきあったりの時にメールは使いますけど、基本はフェイス・トゥ・フェイスだと思います。お揃いの何かをケータイに付けたりみたいなのが流行ってたと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。