ダークライ&ブラッキーGXを改造してみる

 アローラ!如水です。ポケカ記事全然書けてないですね。申し訳ないです。というわけでお久しぶりです。しかも今回は攻略記事じゃないです。

 それはともあれ、ついに31日に発売となるミラクルツイン、ならびに二つのスターターデッキ! 収録カードが公開となりましたが、現在600円程度で取引されている汎用カード、「ミステリートレジャー」が4積みということでデオキシス&エーフィGXの評価が一気に上がっていますね。ミュウツー&ミュウGXのミラーに強くなるジラーチや、超デッキの要であるカラマネロなどが搭載され、かなり融通の利くカードリストになっていましたね。

 対して、この悪デッキの評価は少し下がる形となりました。とはいえ、このカードリストがめちゃくちゃ強いことは変わりません。とりあえず気になる連中をピックアップしますね。

1、新規カードが強すぎる。

まずデッキコンセプトのこのカード。

ブラッキー&ダークライGX
【たね】  HP 270 

悪悪無 ブラックランス  150
相手のベンチにいる「ポケモンGX・EX」1匹にも、60ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]

無+ デッドムーンGX
次の相手の番、相手は手札からトレーナーズを出して使えない。追加で悪エネルギーが5個ついているなら、相手のバトルポケモンをきぜつさせる。

 シンプルに強い。後ろに60飛ばしつつ前に150。ハチマキ込みなら180なので、カプ・テテフGXやデデンネGXなどの一般的な「置物」なら一撃で狩ることもできます。また、150という火力はピカチュウ&ゼクロムGXやレシラム&リザードンGXを二発で倒すことのできる火力です。ベンチに対する60ダメージも三回繰り返せば180になりますから、バトル場に居座ることさえできれば、極めて有効にアドバンテージを稼ぐことのできるカードでしょう。
 さらに、GX技はグッズ封印となっており、自分自身の少し重めの技を打つまでの時間稼ぎとしては申し分ないものです。ホラーハウスGXほどではないにしろ、1エネで打てる技としては高水準で、十分すぎるくらいです。(強いていえばメルカリのGX技みたいにエネ破壊とか欲しい。望みすぎか)また、追加効果もド派手です。が、エネルギー加速手段の乏しい悪デッキでは、専用構築にしないかぎり使うことは少ない気がします。
 270という高水準のHPもあり、サーナイト&ニンフィアGXやフェローチェ&マッシブーンGXのような、耐久型GXとして申し分ない性能になっているのではないでしょうか。あとイラストがかっこいい(重要)。

 次はこれ。

マニューラGX
【1 進化】 HP 200 

特性 シャドーコネクション
自分の番に何回でも使える。自分の場のポケモンについている基本悪エネルギーを1個、自分の別のポケモンにつけ替える。

悪悪無 ツメできりさく 130


よるのごうれいGX
自分の山札にあるたねポケモンを好きなだけ、ベンチに出す。そして山札を切る。

 今回の「何言ってんだこいつ」枠。強い。シンプルに強い。前環境のイベルタルEXや今環境のウォーターツールボックスを見ても分かる通り、このカードゲームにおけるエネルギー移動は、様々なアドバンテージに直結することはなくとも、強力に作用する効果です。
 技ではないのでターン終わりにエネルギーを安全地帯に避難させるような使い方はできないものの、「何回でも使えて」「場で自由に動かせる」という点が強力です。ヌオーはベンチから場に移動させることしかできませんし、フリーザーは場からベンチです。極めて汎用性の高いカードですが、ことダークライ&ブラッキーの相方として、極めて強力な用途があります。

まんたんのくすり
【グッズ】

自分のポケモン1匹のHPを、すべて回復する。その後、そのポケモンについているエネルギーを、すべてトラッシュする。

 こいつだ。

 この最強の耐久カードをリスクなしで使用できるのが最大の強みと言えるでしょう。この耐久戦術は、先述したダークライアンドブラッキーの「場に居座り続けることができれば強い」という特徴ともマッチしています。強すぎる。
 マニューラGX自体が進化ポケモンで、少し起動に時間がかかりますが、1進化ポケモンですからそれほど深刻では有りません。むしろ、採用するだけで自然にラフレシアをケアできる点が優秀と言えるかもしれません。

 そして最後に紹介するのはこれ。

ナイトシティ
【スタジアム】

おたがいの悪タイプのたねポケモン全員のにげるためのエネルギーは、すべてなくなる。

 説明不要の強さ。ゼラオラGXを例に出すまでもなく、逃げるコスト踏み倒しは高耐久デッキにおける基本戦術ともマッチしており、グズマなどを絡めたフィニッシュプランでも有効に作用します。たねポケモンに限定されるとはいえ、かなり強力な効果であることは言うまでもありません。一つ問題があるとすれば、スタジアムであることでしょう。悪タイプには言わずと知れた最強のスタジアム、ブラックマーケットがあります。

ブラックマーケット◇
【スタジアム】

おたがいの悪エネルギーがついている悪ポケモンが、相手のポケモンからワザのダメージを受けてきぜつしたとき、とられるサイドは1枚少なくなる。

このスタジアムは、場に出ているかぎり、おたがいのプレイヤーが手札からグッズまたはサポートを出して使ったとき、その効果を受けない。

 悪タイプ同士のミラーマッチでは虚無を発生させることで有名なカードですね。とはいえ、悪タイプを使うならば「採用しない」ということはまず有り得ないカードでしょう。ですが、スタジアム同士ゆえの噛み合わせの悪さはあります。ゼラオラGXはサンダーマウンテン◇と共存できますから、そう言う意味では少し寂しい性能ですね。
 とはいえ、今まで悪タイプの汎用スタジアムは「喰い尽くされた原野」くらいでしたから、新しい選択肢として大いに歓迎したいところです。

2、改造してみる。

 さて、このデッキの基本方針としては

1、ブラッキー&ダークライGXでアドバンテージを稼ぐ
2、そのために耐久を厚くする

 という方向ですから、そのまま改造して、できたのがこちら。

 ブラックマーケットを採用していることと、サイド落ちケアの観点から、ダークライ&ブラッキーGXはタッグチームですが3枚採用にしました。様々なGXデッキに強く出ることのできるフーパも3枚。本当は4枚といきたいところですが、枠の関係で3枚です。マニューラGXは1体立てば十分なので、グズマでの呼び出しやサイド落ちのケアで3-2ラインです。

 新しい仲間たちの採用理由を説明します。

カプ・テテフ
【たね】 HP 110

妖 サイコウェーブ 20×
相手のバトルポケモンについているエネルギーの数×20ダメージ。

妖無 マジカルスワップ
相手の場のポケモンにのっているダメカンを好きなだけ選び、相手の場のポケモンに好きなようにのせ替える。

 ダメージばら撒き系のフィニッシャーとしてよく採用されるGXじゃない方のカプ・テテフです。基本的には最後に出てきてマジカルスワップをすることが役割になります。2エネ必要なので、カウンターエネルギーなどと共に採用されることの多いカードですが、このデッキにはマニューラGXがいるので問題なく起動できます。
 注意点として、マニューラGXは基本悪エネルギーしか動かせないので、ユニットエネルギーは大事に使う必要があります。

こだわりメット
【グッズ】【ポケモンのどうぐ】

このカードをつけているポケモンが、相手の「ポケモンGX・EX」から受けるワザのダメージは「-30」される。

 耐久を底上げするための採用です。ダークライ&マニューラGXのHPは270であり、これは環境トップに君臨するレシラム&リザードンGXと同じです。ミラクルツインで登場する強力なタッグチーム 、ミュウツー&ミュウGXもHPが270ですし、270ラインを見ることは現在のポケモンカードゲーム環境においては必須と言えるでしょう。特に「てんくうのさばき」のカイリューGXは対レシリザを考慮してまず間違いなくミュウツー&ミュウデッキに採用されることが予想されますから、そういう意味でも、270ラインのこのデッキで確定数をずらすことはかなり有効です。
 また、バトル場のマニューラGXにつけることでエレキパワーの乗らないタッグボルトGXを防ぐ運用なども期待できます。以上の理由から、ハチマキよりも重要度が高いと判断しました。

じゃくてんほけん
【グッズ】【ポケモンのどうぐ】

このカードをつけているポケモンの弱点は、すべてなくなる。

 マッシブーンGXをはじめとした、闘タイプの高火力ポケモンに対するメタカードとして採用しました。闘タイプのポケモンはハチマキ込みで容易に140ダメージを出せるポケモンが多く、それを食らえばダークライ&ブラッキーの耐久は意味を為さなくなります。ぼうけんのカバンからアクセスできるためこちらを採用しましたが、ブロアーのケアも考えると、次弾で追加される「ウィークガードエネルギー」を採用するのもありかもしれません。

アセロラ
【サポート】

ダメカンがのっている自分のポケモン1匹と、ついているすべてのカードを、手札にもどす。

 最強の耐久カードその2。これもマニューラのおかげでほぼノーリスクで使用できます。グズマを3枚採用していますが、こちらが3枚でもいいかも知れません。とはいえ、腐る場面ではひたすらに腐るカードでもあるので、様子を見て採用枚数は決定する必要がありそうです。

まとめ

 やはり、サンムーン環境の悪タイプはエネルギー加速手段の乏しさに厳しさを感じます(韻を踏んだ)。マニューラGXとナイトシティのおかげで足回りは良くなりましたから、「ごうよくしんか」のサメハダーや、「スカーチャージ」のガオガエンGXを使うプランも有りかもしれません。
 ミラクルツインで追加されるヤミラミ&バンギラスGXもエネルギーが重いながら強力なカードですので、構築を練ってみても良いかもしれません。ビーストリングからクチナシを使用するコンボデッキも考案されているようで、悪タイプ界隈も賑わってきていますね。超タイプが環境入りすることも予想されますし、闘タイプが減ればますます追い風は強くなりそうです。うーん、ルガゾロマッシ復権とかもあるのかなこれ。

 そう考えると、やっぱりレシリザだけ火力とスピードおかしくない?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

上善如水

筆名は老師の言葉から。お酒も好き。劇団平成ぽこの脚本家とかやってます。 ここは駄文とイデオローグの墓場です。

ポケカ道場

流行に乗ってポケモンカードを始めた人々が、ちょっと強くなるための記事
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。