見出し画像

iPhone で QR コードからの Wi-Fi 接続が意外と知られていなかったので補足

4月27日に大阪で開催された「Mobile Act OSAKA #4」で「QR Code Recognition on iOS 11」について発表したところ、意外と知られていなかったのでこの記事を書きました。

QR コードを読み取るだけで Wi-Fi にサッと接続できるので便利ですよ。
(パスワードは QR コードに格納するため入力不要)

QR コードとは

スマートフォンで読み取ることが多いこちらのコードです。

「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。株式会社デンソーウェーブとアララ株式会社による公式 QR コード作成サイトなどで作成できます。

iOS 11 の標準カメラアプリで QR コードを読み取る

以前から iPhone で QR コードを読み取ることはできましたが、標準対応ではなく QR コード読み取り機能を持つアプリを使う必要がありました。

ところが 2017 年にリリースされた iOS 11(iPhone の OS)で、標準カメラアプリを使って QR コード を読み取ることができるようになりました。
(標準カメラアプリの「写真」または「スクエア」を使います)

Apple の公式ビデオがこちらです。

QR Code Recognition on iOS 11

Wi-Fi の QR コードサンプル

実際に使っているものは公開できないため、サンプルを引用します。

WIFI:T:WPA;S:mynetwork;P:mypasscode;;

「WPA」は暗号化プロトコル、「mynetwork」には SSID、「mypasscode」にはパスワードを格納して QR コードを作成します。
(ステルス SSID には接続できません)

Wi-Fi 接続手順

QR コードを読み取り、上部に表示されるバナー(左)をタップします。
つづいて表示されるダイアログ(右)で「接続」を選択すると、そのまま Wi-Fi に接続することができます。

入力の手間が省けるのでお客さま向けに利用してみてはいかがでしょうか。
(Android では試していないのでこの記事ではふれていません)

余談

このほか Apple の公式ビデオ では QR コードと Universal Links でシームレスにアプリを起動する方法を紹介しています。手元ですぐに試せる環境がないため省略しましたが、Universal Links についてはこちらを参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

17

Satoshi Hachiya

プログラミング言語 Swift に関する国際カンファレンス「try! Swift」を運営: https://www.tryswift.co/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。