初の学生向けイベント「JSAA スポーツアナリスト入門セミナー」の動画を公開します。

2018年7月30日に開催した、スポーツアナリティクスを実践してみたい高校生、学生を対象にした対話形式のセミナー「JSAA スポーツアナリスト入門セミナー 」の模様を収録した動画を特別に公開します。

この動画は、「スポーツアナリストになるには、まずどうしたらいいのか」という疑問に答える内容になっています。当協会のアナリストのほかに、大学生のアナリストも交えて、経験に基づいたアドバイスを送っています。

当日来られなかった方、開催地(東京)から遠いところに住んでいる、スポーツアナリストになるための情報が欲しいという意欲あふれる方に向けて動画を提供しようと考えました。他ではなかなか得られないノウハウやアドバイスが詰まった1時間20分です。

受講生の声

「スポーツアナリストに必要なことを具体的かつ詳しく知る事ができました」
「抽象的だったものが具体的になってきて、スポーツアナリストという分野について深く学べることができました」
「具体的な事例(サッカー)について知ることができて刺激的でした」
「闇雲に行動していたところから、行動の指針ができました」

構成

・JSAA理事・千葉洋平が協会の活動の紹介およびこのセミナー開催への経緯などを説明
・JSAA賛助会員であるSAPジャパン株式会社の濱本秋紀氏よりご挨拶

<プレゼンテーション1>
JSAA代表理事・渡辺啓太 「スポーツアナリストとは何か」
いかにしてバレーボールのアナリストになったのか/アナリストの情報戦略活動/アナリストに求められる能力、資質/アナリスト活動スタート前のチェックポイント

<プレゼンテーション2>
筑波大学蹴球部パフォーマンス局データ班 スコット・アトム「大学生チームのスポーツアナリティクス」

パフォーマンス局の体制/どのように分析を行っているのか/個々のメンバーの主体的な取り組み/大学での学びや教員の協力

<Q&Aコーナー>
事前に集めた質問の中から「実践の場を持つには?」「スポーツアナリストと接点を持つには?」「将来、スポーツアナリストを職業とするには?」に講師陣が回答

<グループディスカッション>
受講生をできるだけ自分と同じもしくは近い競技に携わっている講師と話せるように4~6人ずつ3グループにわけてディスカッション(ダイジェスト編集)

JSAA代表理事・渡辺啓太より終わりの挨拶

なお、この動画は有料イベントの模様を撮影した動画なので、有料での公開とさせて頂きます。動画をご覧になりたい方は、「購入して続きを見る」ボタンを押して、動画を購入して頂ければ、動画を閲覧することが出来ます。

この続きをみるには

この続き:0文字

初の学生向けイベント「JSAA スポーツアナリスト入門セミナー」の動画を公開します。

日本スポーツアナリスト協会(JSAA)

1,200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。