【番外編】Linked Inってなに?【マレーシア留学】

(Interview&Text by Tenco)

さて、みなさんはLinked Inをご存じだろうか。

https://www.linkedin.com/

Linked Inは2003年にアメリカで開始したビジネス向けのソーシャルネットワークだ。世界で3億人以上が利用しており、発祥国のアメリカ、英語圏のカナダ、オーストラリア、イギリスだけではなく、非英語圏の国であるインド、ブラジル、中国、さらにマレーシアでもLinked Inを使った就職活動が盛んだ。日本でも徐々に知名度を上げている。登録者は自分の出身大学や専攻、自己PRなどを登録し、SNS上でビジネスパートナーやクライアントを見つけることができる。

恥ずかしながら、筆者はこの記事を書くまで全く知らなかった。奈々さんとのインタビューの話し合い中にその話題が出てきて、とっさに調べた。そのことを話すと奈々さんはこう答えた。

「私も最初のExpediaの面接の前日まで存在忘れてたよ(笑)。大学のキャリア関係の講演会でLinked Inを作っておいたほうがいいって言われてて、とりあえずアカウントだけ作ってそのまま放置してた。」

なぜ奈々さんは面接の前日になってLinked In のことを思い出したのか。

「面接官からLinked In経由でメッセージが来たの。『明日はよろしくね!』って。慌ててLinked Inの写真とデータを更新してから、『こちらこそよろしくお願いします。』って返した(笑)。」

そして、Expediaにインターンシップを始めた奈々さんは社員の多くがLinked Inを常に確認していることに気がついた。そこでLinked Inにさらに興味を持ち、試しに自分のプロフィールに自分はExpediaのインターン生だと書き込んだという。

「更新した瞬間、求人がびっくりするくらい送られてきて。ここから仕事を探すこともできるんだなって思った。」

Linked Inでマレーシア国内のインターンシップ先を探すことも可能だ。インターンシップ先を探すのはなかなか難しく、多くの日本人留学生は友人や知人経由でインターンシップ先を探すことが多い(実際、奈々さんの最初のインターンシップ先も知人経由で見つけた)。 外資や日本国外の会社での正規採用を希望する場合やインターンシップをするのであればLinked Inは非常に強いツールの一つだろう。

参考までに奈々さんのLinked Inはこんな感じだ。→https://www.linkedin.com/in/nana-kato-1010b3b8/


----------------------------------------------------------------------------------------

Expediaでは日本人社員・インターンシップ生を募集しています。

Expediaグループ募集要項はこちら (Malaysia - Petaling Jayaが奈々さんのインターンシップ先です)

会社やキャリアの質問がある方はご自由に奈々さんのLinked Inまでどうぞ。

----------------------------------------------------------------------------------------

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

マレーシアDEインターン

マレーシアにてインターンシップを行う日本人留学生に取材!なぜマレーシアでインターンシップ?マレーシアの魅力とは? 1.Expedia編 https://note.mu/jsamintern/n/n17db09883a20?magazine_key=m727e4f7e008e...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。