NovelJamへの参加が決定 髙井ホアンとは何か

この度、「NovelJam' [dash] 2019」への参加が決定しました。どうもありがとう。

これから一参加者として、11月2日・3日に向けて様々なことをやっていかなければならない。が、まずは方向性についてと、将来のまだ見ぬチームメンバーへのアピールのために、色々書いておきたいと思います。

「混血」とかいう言葉がもう早速飛び出るが、その意味する所についてはこのNoteなり後の文中なりを極度参照(しなさい)。

(こんな記事ではあるが、例によって末尾に欲しいものリストと投げ銭コーナーを置きました、この混血に金を握らせても良いという方は是非よろしくお願いします)

NovelJamとの関係

NovelJam、というイベントがあることについては、2017年以来、文学同人「破滅派」の関係者より時々聞いていた。波野發作氏始め、重要な関係者が近くにいたことは確かに幸いしている。だが、本格的にその様子を知ることになるのは、NovelJam2018秋を取材ないし観戦しに行った時であった。この時の様子は、文芸ニュースサイト「はめにゅー」に掲載したので確認して貰いたい。そう、俺が、前回会場をうろつき回ってたあの不気味な青年デアル。

NovelJamの本開催後も、藤城孝輔・ニシカワリキ・ほさかなお・波野發作で構成される「チームゴメラ」の勝手な後援者として振舞わせて頂いた。また、その中で、作品の「小説以外」の展開についても大いに学ばされた。とにかく、NovelJamは「答えは一つではない」ことを知ることが出来る場所なのが、部外者でも分かった。是非とも、次は参加したい……そして、藤城氏の後押しもあり、2019年の「NovelJam' [dash] 2019」著者募集に応募することとなった。

NovelJamの募集は、定員超過の場合、抽選ではなく選考する、とサイトにある。俺は俺なりに、NovelJamに対する思いの丈を書いた。そして、当選した。


取材したことがあるとはいえ、実際現地に行けば何から何まで始めてな経験となるだろう。小説に掛ける思いも人それぞれ違う。そもそものお題もあれば、チームメイト始め関係者との交流、編集やデザイナーとの交渉など、NovelJamには様々な要素がある。そのような中で、「ふつーの日本人」には表せない物を書きたい、そう思っている。

……と難しいことを書いたが、楽しむのが一番だろうなあ。


では、この混血作家は何をしているのか

本体としてのTwitterアカウントはこちらである。

俺の経歴について全てを語ることは色々アレだが、いくつかまとめて、参照の為にも紹介したい。

……下記の、画像だったりリンクだったりで、様々な感想を持たれるかも知れないが、俺として何かを補強したりはしないことにする。

・作家、ライターとして

2013年よりツイッター上で開設していた「戦前の不敬・反戦発言Bot」をもとに、2019年5月にパブリブより『戦前不敬発言大全』『戦前反戦発言大全』を出版。週刊金曜日、図書新聞を始めとして各種媒体で紹介。全国書店にて好評販売中。10月22日午後5時から池袋イベントバーエデン本店で出版記念バー開催予定。

現代ビジネスなどで記事掲載中。


・小説家として(破滅派同人として)

2011年頃より小説を書き始める。15年10月から11月に掛け、「小説家になろう」で政治的規制を受け、ネット上を放浪し、「破滅派」に漂着。以後、破滅派を中心に執筆中。二ヶ月毎の合評会にはほぼ参加し、昨年二位。

作品のほとんどは破滅派にて公開中である。2018年秋頃よりとそれ以前では作風に多少の違いがある……らしい(感想に感謝)ので、その点考慮して頂けると幸いである。(作品集は二つとも2018年夏以前のもの)

いわゆる、文学フリマで販売される「紙の破滅派」にも短編を執筆している。

俺の小説が「何から始まって」いるかは、『混血テロル』をお読み頂いた方が良いだろう。それ以後については、破滅派で公開している作品の新しい方からお読み頂くと良いかも知れない。

パブリックエネミーみ(造語)が分かるインタビュー。


・その他、こんなことも取りあえずはやったんだゾ

また、小説のゲーム化またはノベルウェアも制作した。これもDLSITEより規制を受けている。


怪映像。


たのしくてためになる、まんが。


憲法草案の執筆


このNoteも、そうである。


最後に

長々と連ねてしまったが、何よりもやりたいことは、楽しんで、チームと自分を「書く(描く)」ことだ。初めての経験を素直に楽しみ、自分の腕を磨きたい。

もし、NovelJamでも何でも関心があり、より詳しく知りたいことがある方は、些細なことでも是非コンタクトして頂ければと思います。

どうぞよろしく。




この続きをみるには

この続き:0文字

NovelJamへの参加が決定 髙井ホアンとは何か

Juan.B

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

Juan.B

ラテン系ハーフ作家。非国民ハーフ。『戦前不敬発言大全』『戦前反戦発言大全』発売中。 サークル「ペール・デュシェーヌ」代表/ 破滅派同人/ 反表現規制/反青少年健全育成/反圧力ゾーニング/ 在日人・ハーフについて / 仕事の御依頼御相談は mixduchesne@gmail.com

NovelJam 2019' 参戦 / 観戦記など

このマガジンには「NovelJam 2019' [dash]」の参戦記や観戦記などをまとめていきます。「NovelJam 2019' [dash]」は、2019年11月2日から3日に三鷹で開催します。公式サイトはこちら。 http://www.noveljam.org/ #...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。