久保建英がマジョルカで立場を得るのに苦戦している原因は? そして、それを乗り越えるために与えられているチャンスは、それほど少ないわけではない。

マジョルカは堅守速攻型ではあるが、やたらと蹴っていくカウンター攻撃ではなく、どちらかと言えば、繋いでいくカウンター攻撃をしている。間違い無く、縦ポンサッカーではない。従って、その部分においては、久保との相性が悪いとは言えない。そもそも久保は、堅守速攻型のFC東京でも活躍したわけだし、森保ジャパンもポゼッションサッカーではなく、どちらかと言えば、縦に速い型のサッカーしているから、もし久保が堅守速攻型との相性が悪いのであれば、FC東京でも活躍できなかったと思うし、それから、森保ジャパンのサッカーとの相性も悪い、という事になってしまう。

この続きをみるには

この続き:1,090文字

久保建英がマジョルカで立場を得るのに苦戦している原因は? そして、それを乗り越えるために与えられているチャンスは、それほど少ないわけではない。

jube

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

jube

FCKSA55というサッカーブログを2006年から継続中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。