来週はスパルタンレース

お疲れ様です。
岡野です。

今年2度目のスパルタンレースが
2018年9月8日(土)に、
群馬県の宝台樹スキー場で開催されます。

いよいよ来週に迫ってきました!!

ちなみにスパルタンレースとは…

年間130以上のレースが世界中で開催。
レースはSprint、Super、Beastの3段階の
レベルに分かれています。

距離や障害物の数は以下の通り。
Sprintは約5kmのなかに、20個の障害物。
Superは約13kmのなかに、25個の障害物。
Beastは約20kmのなかに、30個の障害物。

これらのコースに設置されているのは、
泥のプール、有刺鉄線、壁、ロープ、炎等
様々な障害物が行く手を阻みます。

※上記は公式サイトを参照しました。
http://spartanracejapan.info/?gclid=EAIaIQobChMI6vzos_yT3QIVxmkqCh1_sAuSEAAYASAAEgJW5_D_BwE

レースに参加するのは、
度胸試しで参加するルーキー達。
自分に自信の有る猛者達。
日頃トレーニングに励むトレニー達。

そこには年齢、性別は関係無く、
レース中は次々に出てくる障害物を
1つでも多くクリアして必ず完走する。

日々の生活で忘れてるであろう、
原始的な生存本能をかきたてられます。

自分は前回大会の反省を踏まえて、
スタミナと筋力の強化に
取り組んできました。

課題は以下の2つ
・障害物と障害物との繋ぎのラン区間。
・砂袋を抱えて坂道を上がり、下る区間。
 
自分は短距離が得意ですが、
中距離のラン区間で疲れてしまい、
ロスを出してたんですよね。

対策としては、疲労している状態から
トレッドミル(ランニングマシン)で
30分間の走り込みを行ってきました。
 
またサンドバッグを抱えて歩き出すも、
重量に対して筋力が足りず、
止まってしまうことがしばしば。

対策として腕と下半身の強化に
取り組みました。

下半身強化は特に効果が有り、
スミスマシンを使ったスクワットで、
80kgスタートから125kgまで
対応出来る様になりました。

あとは残りの1週間で、
体重をどこまで落とせるか。
目標は1.5kg~2kgの減量ですが、
難しいかも。

何はともあれ残された約1週間で、
どこまで身体を調整することが出来るか。

トレーニング中も、レース本番も
ケガが無い様に、楽しんでいきます。

そして本番レースは完走を目指します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ご覧いただきまして、ありがとうございます!
18

岡野 純

フィットネス

普段自分が実践している身体作りについて、トレーナーから教わったこと、実践した結果などのまとめです。フィットネスへの恩返しの第一歩。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。