NEUT Magazineで『セックス特集』をはじめました。

どうも、ごぶさたです。NEUT Magazine編集長のJUNです。4ヶ月ぶりのnote更新。苦笑
今年からニュートで『毎月の特集』を始めることになったので、今日はそれについて書けたらと思います。(何かを始めるときにしかnoteを活用していないぞ、あれ、)

ニュート史上初(2019年1月号)となる特集のテーマは『セックス’19』。
“2019年のセックス”について考えようというものです。わかりやすく言うと、カルチャー要素のあるanan的な、カルチャー要素のあるTOKYO GRAFFITIな感じです笑(わかりにくいか、まあいいか)

「なぜいまセックス??」と思う方もいるかもしれませんが、それは「今だ!」と思ったからです!(嘘のようで、本当な話。感覚的な所は多いですが、理由もあります)

まあ最近、NETFLIXで「セックス・エデュケーション」という(そのまんまですが)性教育を織り交ぜたイギリスの学園ドラマなんかが始まったり(はい、ビンジしました)、ノルウェーの国営放送が、性教育の観点で「一般人のセックス」を放映したり(ニュート過去記事)、バルセロナには若い人たちが始めた、健全な性教育を受ける権利を追求するためのクールなTシャツブランドがあったり(ニュート過去記事)と、海外での性教育の形や発信の方法が変化しているのを知り、もっと日本でもセックスのイメージをアップデートしていかないと感じたからです!(真面目)あっあと、去年末に韓国でコンドーム&生理カップのブランドを立ち上げたGinaに出会ったのも大きいかも(ニュート過去記事)。

そこで日本でもオープンで、ヘルシーで、エロくないセックスのイメージが広がることで、より真剣にというかもっとフラットに、セックスプレジャーや性病、セックスレスについて向き合えたり、避妊、妊活、生理などに関する正しい情報が世の中に増えたり、なにより大事な人とのセックスについての会話のきっかけになればいいなと思い、このテーマをニュート初の特集に選びました!

まあ小学校の頃、いきなり男女の別の教室に呼ばれて、性教育の授業されて、突如「異性とか親とかに聞いちゃいけない秘め事」になってしまったセックスや性のことが、もうちょっとオープンになってもいいんじゃないかなと思った次第です!

何はともあれ、ちょうど本日、特集記事が3本公開されましたので、よかったら読んでみてください!
(今回の特集の担当編集者に聞いたら、以下の順番に読んでほしい、とのことです!ヨロシクっ(>人<;)!)

①必読!プロローグ(この特集をする理由)からどうぞ!
http://neutmagazine.com/feature/sex19/

②もっとセックスをオープンにという取り組みする女性
・「エッチな出会い系の広告」が溢れるなか、性についてまじめに話すことを規制する日本社会の矛盾に声を上げるブロガー
http://neutmagazine.com/interview-maria

③ニュートの周りの人たちにセックスについて聞いて見ました
・20代・6組のカップル&個人に聞いた「セックス/マスターベーションの話」
http://neutmagazine.com/interview-about-our-sex-and-masturbation

④セックスにオープンになったきっかけを話してくれた女性

・「セックスが『スタバでコーヒーを飲む』くらいカジュアルであってもいい」。彼女が考える“日常の一部”としてのセックス
http://neutmagazine.com/interview-megumi

セックス特集の次回のテーマを大募集中です

今のところ、毎月1テーマを特集し、3記事で多面的(スリーアングル、サードオピニオンというか)に取り上げていくフォーマットにしていますが、今後変わるかもです。(ニュートのゆるさが垣間見えますね)

そして、セックスに関しては、1月だけでなく、何回かにわけて特集していく予定です(通年でセックスに関して特集していくということです)。性病とか、性教育とか、セックスレスとかいろいろいろいろ!(次回のセックス特集のテーマ大募集中です。インスタやツイッターのDMでもいいので連絡ください!)。2月、3月はセックスに関係ない特集をシコんでますので、お楽しみに!!

(ちゃんとnoteを更新できるようにガンバロウ、2019年!アケオメ、コトヨロ!)

FOLLOW ME!!!

Cover Illusrtration by MOONKIDS


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

JUN(NEUT編集長)

神奈川県相模原市出身、92年生まれ。 「NEUT Magazine」っていうウェブマガジンの編集長してます。📩jun.hirayama@neut.tokyo
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。