小説タイトル傑作選  【歴史奉行通信】第四十号

こんばんは。

今夜も伊東潤メールマガジン
「歴史奉行通信」第四十号を
お届けいたします。

〓〓今週の歴史奉行通信目次〓〓〓〓〓〓〓

1. タイトルの大切さについて

2. リズム感のいいタイトル

3. 格好いいタイトル

4. 想像をかきたてるタイトル

5. ここ十年のタイトル大賞決定

6. 伊東潤Q&Aコーナー&感想のお願い

7.お知らせ奉行通信
新刊情報 / 読書会 / その他

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1. タイトルの大切さについて

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いよいよ四月も中旬です。
この時期、われわれ作家には、
GW進行という壁が
立ちはだかっています。

これはGWは版元や印刷会社が
休みとなるため、
作家が通常の月よりも
締め切りを5日から10日も
早めねばならないことで、
作家にとってたいへん厳しい
ハードルとなっています。

それでも締め切り仕事があるのは
作家にとって幸せと心得、
全力でやり遂げなければ
なりません。

さて今回は、
小説のタイトルについて
考えていきたいと思います。

皆様は小説を購入する時、
何を基準に選びますか。

作者名、題材、カバー、
帯コピー、版元名、
といったところだと思いますが、
まず目に入るのが
タイトルではないでしょうか。

タイトル次第で
売れゆきが左右されるのはもちろん、
タイトルによって
歴史に名を残す作品になるかどうかさえ
決まってくるのです。

だからといって、
内容を端的に表したタイトルがよい
というわけではありません。

それでは、どのようなタイトルが
「よいタイトル」なのでしょうか。
今回は、そのあたりを
考察していきたいと思います。
(*登場する作家名は
敬称略とさせていただきます)

この続きをみるには

この続き:7,305文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

歴史小説家 伊東潤が毎月第一・第三水曜日に配信しているメールマガジン【歴史奉行通信】。 歴史に関する情報や作品制作秘話、伊東潤が読者の...

または、記事単体で購入する

小説タイトル傑作選  【歴史奉行通信】第四十号

伊東潤

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます

伊東潤

伊東潤メールマガジン【歴史奉行通信】

歴史小説家 伊東潤が毎月第一・第三水曜日に配信しているメールマガジン【歴史奉行通信】。 歴史に関する情報や作品制作秘話、伊東潤が読者のお悩みに直々に答えるQAコーナーなど、伊東潤の魅力に迫る内容です。 noteでは今までのバックナンバーをご紹介。 最新メルマガをご希望の方は...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。