見出し画像

『天下人の茶』執筆にあたって(前編)  【歴史奉行通信】第二十九号

秋も深まり、
肌寒い季節になってきました。

風邪を引いている人も
多くなりましたので、
皆様もお気を付けください。

それでは、
伊東潤メールマガジン
「第二十九号 歴史奉行通信」を
お届けいたします。

〓〓今週の歴史奉行通信目次〓〓〓〓〓〓〓

1. 『天下人の茶』文庫版
12/4 発売に寄せて

2. ロングエッセイ
『天下人の茶』執筆にあたって(前編)

3. 感想 / SNS投稿ご協力のお願い /
Facebookファンページのお知らせ

4. 伊東潤Q&Aコーナー

5. お知らせ奉行通信

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1. 『天下人の茶』文庫版
12/4 発売に寄せて

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、いよいよ『天下人の茶』
文庫版の発売が、
12/4に迫ってきました。

今回と次回は、
この作品についての
ロングエッセイを掲載します。

元々、このエッセイは、
『ビジュアル版戦国武将茶人』
(宮帯出版社)に掲載されたもので、
その内容を改変して
再掲載する形になります。

『ビジュアル版戦国武将茶人』は
事典のようになっており、
武将茶人たちが所持していた
道具やその開いた茶会などの記録が
大半を占めています。

ここで私は
『天下人の茶』についての
エッセイを書き下ろしました。

『天下人の茶』は以下の短編と
視点人物から成っています。

【タイトル / 視点人物】
『天下人の茶』第一部 / 豊臣秀吉
『奇道なり兵部』 / 牧村兵部  
『過ぎたる人』 / 瀬田掃部
『ひつみて候』/ 古田織部
『利休形』 / 細川三斎(忠興)
『天下人の茶』第二部 / 豊臣秀吉

彼らは武将弟子で、
秀吉を除いて「利休七哲」に
名を連ねている人々です。

それぞれどういう人物かは、
ネットで調べていただきたいのですが、
いずれ劣らぬ名茶人として
名を残しています。

とくに古田織部は、利休の死後、
その座を継いだかのような活躍を見せ、
一時は家康と秀忠の茶頭を務め、
大坂の陣直前には双方の間を行き来し、
天下を静謐に導こうとしました。
しかしそれも失敗し、
織部は最後の手段として――。

ここから先は『天下人の茶』をお読み下さい(笑)。

では今回は、
ロングエッセイの前半部分を掲載いたします。
ただし長いので途中で何カ所かカットしています。
完全版を読みたい方は前掲書をご購入下さい。

『ビジュアル版戦国武将茶人』
(宮帯出版社)
http://fcew36.asp.cuenote.jp/c/aWuXaadA4F6knGbE

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2. ロングエッセイ
『天下人の茶』執筆にあたって(前編)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

戦国時代を扱う歴史小説家は、
いつか千利休に挑まねばならない、
と私は思ってきた。

それだけ戦国時代において
茶の湯の存在は大きく、
信長、秀吉、家康という
三代にわたる天下人の政治を
動かしてきたと言えるからだ。

本稿では、
私が『天下人の茶』を
上梓するまでの話をしていきたいと思う。

最初のきっかけは、
『利休にたずねよ』の著者である
故山本兼一氏の存在だった。

厳密には山本氏が入院し、
深刻な状態にあると聞いたのが、
執筆を始めた動機と言えるだろう。

それが二〇一三年の十月頃だったと思う。

山本氏と私は文藝春秋の文芸誌
「オール讀物」の座談会で、
同年四月に一度、
お会いしただけの関係だが、
それ以前から私は山本氏の大ファンで、
戦国と幕末を描いた作品の大半を
読んでいた。

私は山本氏の作品を通して
氏と対話し、氏から学んできた。
そして自分なりの侘、
すなわち独自の作品を書いてきたつもりだ。
言うなれば山本氏と私は、
利休と古田織部のような関係と
言ってもいいだろう。

山本氏の松本清張賞受賞作
『火天の城』を読んだのは、
ちょうど小説を書き始めた頃だった。
職人たちの魂が息づく
この作品を読むことで、
私は歴史小説の面白さを再発見した。

その後も、
ハードボイルドな『雷神の筒』、
本能寺の変の謎に迫った
『信長死すべし』
(私が文庫版の解説を担当)、
山本版『竜馬がゆく』とも言える
『命もいらず名もいらず』など、
山本氏は作品ごとに
作意(趣向)を凝らし、
「これでどうどすやろか」
とばかりに読者を楽しませてくれた
(山本氏は京都出身)。

中でも、
山本さんの直木賞受賞作となった
『利休にたずねよ』にはやられた。
この作品の持つ凄みは、
とても言葉では表せない。

山本氏のしつらえた茶室は、
利休一人に焦点を絞りながら、
無限の広がりを持っている。
私は、この作品を通じて
「美を追求するのは何と恐ろしいことか」
を知った。

この続きをみるには

この続き:5,097文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

歴史小説家 伊東潤が毎月第一・第三水曜日に配信しているメールマガジン【歴史奉行通信】。 歴史に関する情報や作品制作秘話、伊東潤が読者の...

または、記事単体で購入する

『天下人の茶』執筆にあたって(前編)  【歴史奉行通信】第二十九号

伊東潤

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます
小説家 伊東潤のnote公式アカウントです。 10/5、『敗者烈伝<文庫版>』(実業之日本社)発売! 最新作『家康謀殺』(KADOKAWA)、『横浜1963』(文藝春秋)。 無料メルマガ登録はこちら→ https://itojun.corkagency.com/mailmag/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。