Jun.S

一部上場IT企業 幹部|関連会社 非常勤監査役|J’sパートナー総合会計事務所 所長兼代表税理士|TOEIC830|経験とスキル、趣味を融合することで、市場価値の最大化を目指す|リーマンと税理士の新しい生き方を提案中|趣味はJリーグ(特にグランパス)と野球
固定されたノート

「サラリーマン×税理士」 で稼ぐ力の最大化 【随時更新中】

Jun.Sです。現在、10年以上勤める東証一部上場IT企業(日本企業)で管理職をしつつ、今年の4月に立ち上げた会計事務所も経営する複業リーマン税理士です。年収は、サラリーマンとしては世間一般よりやや多め。会計事務所は種まきのステージです。私の特殊な生き方が、みなさんお悩みのキャリア形成に良い影響(共感)を与えることができれば嬉しいです。
なお、普段は、このnoteのほか、グラぽやTwitterで、

もっとみる

資本金から見るJリーグの変遷

みなさん、こんにちは。Jun.Sです。
前回の消費税ネタに続いて、今回も、響きがちょっと固めの内容になってしまいましたが、精いっぱい噛み砕いたつもりですので、(これを機に楽しんで)お勉強してくださいね!

 今回は、各クラブの「資本金」を取り上げています。BS(Balance Sheet:貸借対照表)に記載されているもので、株主(グランパスで言えば、トヨタ、中日新聞、中部電力など)から出資・投資さ

もっとみる

消費税の増税が、Jリーグへ与える影響

突然ですが、10月より消費税が増税されるのはご存知ですか?(心の)準備はもうお済みでしょうか?(延期の可能性も無くはないですが、逆に延期による混乱が出る時期に入っています。)
 徐々に周囲が騒がしくなってきたとは言え、「まぁ、まだ時間あるし。」、「所詮、2%(8%→10%)だし、大した問題じゃなくね?」と、お考えの方も多いことでしょう。(もちろん、反対派が圧倒的多数でしょうが…)

 消費者であ

もっとみる

3年連続赤字でもライセンスを死守したFC琉球

こんにちは。Jun.Sです。Jリーグ各クラブの決算数字を分析する中で、いろいろなものが見えてきます。その中で、今回はFC琉球を取り上げました。
 今シーズンより、J2リーグに所属するFC琉球ですが、開幕当初の勢いに陰りが見え始めたほか、ここ数試合勝ちに恵まれず、現在(2019年6月30日現在)の順位は14位となっています(22チーム中)。
 今回、このチームをテーマに取り上げた理由は、

1.

もっとみる

グランパスを会計で科学する(分析編)

みなさん、こんにちは。ふたたびJun.Sです。先般リリースした前半戦は、いかがでしたでしょうか?改めてグランパスの特徴やスケールの大きさを少しでも感じていただけたならば幸いです。
また、とても温かいコメントも複数いただき、とても嬉しかったです。こうした反響の大きさで、グラぽ編集長の偉大さを改めて感じております。機会をいただき、誠にありがとうございました。

さて、後半戦は、予告どおり【分析編】とな

もっとみる

グランパスを会計で科学する(可視化編)

皆さん、会計(数字の計算)は好きですか?

10人に9人は、嫌いと答えるでしょうね…(泣)

 突然すみません。Jun.Sと申します。はじめまして。キャリアの柱に会計(税務を含む)がある私は、会計で世の中や企業をより良くすることができると信じてきました。

 会計の最大の特徴は、ものごとを一定のルールと数字で具体化して俯瞰(可視化)できるほか、数字を比較分析することで、さまざまな問題の発見ができる

もっとみる