枯井戸 潤

詩を書いています 写真もたまにやってます ここで使われている画像はすべて自作の写真です 枯井戸という名は、何か表現を発する時の自分の居場所のようなものと考えております instagram.com/jun_kareido/

昨夜は小作パーパスの昭和歌謡イベントへ
大入満員状態で、30人程の人達が全員手を繋いでウェーブする大盛り上がりの一場面があった
皆が知ってる音楽があれば、会った事もなかった人達がまるで親しい友人のようにひとつになれる
それはとても素敵なことだ

宮國英仁 懐メロ弾き語りライブ@拝島ジンハウス2019.07.10(水)

宮國さんの懐メロライブに毎週のように通い始めて約2ヶ月が経った。
彼の歌のうまさにはもう慣れたはずなのだけれど、悔しい事に未だ吃驚してしまう時がある。

この日、度肝を抜かれた曲は、村下孝蔵「ゆうこ」である。
この曲自体の持つ美しさに、宮國さんの天性の声の良さと、努力によって培われてきたテクニックが加わり、その「切ない色気」にめまいがする程の歌唱だった。

そして、アンコールで歌われた、もんたよし

もっとみる

茶色い庭 by天国

僕が最近よくライブレポを書かせて頂いている宮國英仁さんが、本間太郎さんとやっているデュオ「天国」の公式ライブ動画です
僕はかなりの音楽好きで、たくさんの音楽を聴いている方だと思うのだけれど、すべての音楽の中でこの「天国」というアーティストが一番好きだ
このおふたりを描写するのに、「天才」などという言葉は僕の中ではもはや擦り切れていて使いたくない
さて、どうしたものか 笑
「知性と狂気と変態性 と 
もっとみる

今夜はJAZZ SESSION@拝島ジンハウスで歌わせて頂きました
用意してきた曲をやるのも楽しいけどインプロビゼーション(アドリブ)で遊ぶのがとても楽しく、そして勉強になりました!
ホストのしんこさん、河村洋さんのおふたりにはいつもたくさんの事を学ばせて頂いています

宮國英仁 懐メロ弾き語りライブ@拝島ジンハウス2019.07.03(水)

宮國さんの懐メロライブは、いつも客層を見て臨機応変に選曲されていて、とても幅広い年代の曲が歌われている。
僕は個人的には、宮國英仁懐メロライブの真骨頂は古い曲の方だと思っている。
この日は、彼の膨大なレパートリーの中から、「一番美味しいところ」を聴くことが出来た日であったと思う。
どんな曲が歌われているのか、セットリストを公開しよう。

1.人生が二度あれば    井上陽水
2.遠くで汽笛を聞きな

もっとみる