金曜日のcookbookランキング

#057 103は魔法の数字

新たな料理本との偶然の出会いを楽しむ、金曜日のcookbookランキング。

2月最終週のランキングをお伝えします。

昨日は映画館で念願の『スリー・ビルボード』を観てきました!

映画『スリー・ビルボード』公式サイト

イギリス本国では劇作家としても活躍する、マーティン・マクドナー監督によるストーリーが素晴らしかった!

イギリス人なのにどうしてこんなに他国の、しかも片田舎の状況を克明に描けるのか。

アメリカの縮図という泥沼でもがく人々、映画『スリー・ビルボード』 | ニューズウィーク日本版

出演している俳優たちの演技も素晴らしく、傷つき、ズタボロにならなければ、たがいに赦し合うことができない人間のおかしみが、「こういうことってある!」と思わせる些細な行動や、ふとした表情、会話の間などから読み取ることができました。

うちの妻はオールタイムベストの5本に入ると言っていましたが、ぼくにとっても生涯のベスト10には入るかなあ。

人間と社会とをきっちりと描いているので、cookbookについて考えるうえでも参考になることが多かったです。

未見の方は、ぜひ劇場に足を運んでみてほしいです。おすすめ。

それでは、今週もランキングを見ていきましょう!

***

続きはぜひククブクのページでご覧ください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「家は洩らぬほど、食事は飢えぬほどにてたる事なり」千利休
1

早川 純一

ククブクの味見

海外の料理本のことならククブクにお任せ! 優れたデザイン性があり、コンセプトにひとと風土と文化が見える海外の料理本「cookbook」を紹介するマガジン「ククブク」を、noteでちょっとだけお見せしています。https://kukubuku.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。