金曜日のcookbookランキング

#128 もうひとつのボヘミアン・ラプソディ

新たな料理本との偶然の出会いを楽しむ、金曜日のcookbookランキング。
7月第3週のランキングをお伝えします。

今週は東京・八広にある和菓子店「梅鉢屋」さんに取材をさせていただく機会がありました。

梅鉢屋さんは、江戸時代から伝わる「砂糖漬」の技術を現在も継承しているお店。

大根や人参、ショウガなどの野菜をゆでたあと、糖蜜の入った液で何度も煮立て、少しずつ素材に砂糖を含ませていきます。

完成すると、こんなにきれいな野菜の砂糖漬に!

宝石箱みたいでしょ?

粋な贈答品として、絶対に喜ばれると思います。

砂糖漬はただ甘いだけでなく、素材ごとの味がしっかりと生きていて、たとえばゴーヤーは苦味が絶妙なアクセントになっているし、ショウガのスパイシーさはちょっとくせになるほど。

お茶請けにはもちろん、コーヒーのお供にもぴったりですよ。

ご主人のお話ではホテルのバーラウンジなどで洋酒とともに提供されてもいるそうで、ぼくは最近日本でも人気があるクラフトラムに合わせてみても面白いだろうなと感じました。

新しいものばかりでなく、こういう古くからある伝統的な日本の食べ物の素晴らしさにも、ちゃんと目を向けていかなくては。

そしてそういう食べ物を未来のひとたちにもちゃんと食べてもらうには、ぼくたち消費者が少しでもその素晴らしさをこうやって口伝えで伝えていくしかないんですね。

それでは今週のランキングを見ていきましょう!

***

続きはぜひククブクのページでご覧ください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「生きるために食べるべきで、食べるために生きてはならぬ」ソクラテス
7

早川 純一

ライター、フォトグラファー。IBD(UC)を発症してから、食というものについて考え、発信していくことがライフワークになりました。海外の優れた料理本を紹介するウェブサイト「ククブク」の運営をしています。文章執筆のご依頼等はtwitterのDMからお願いします。

ククブクの味見

海外の料理本のことならククブクにお任せ! 優れたデザイン性があり、コンセプトにひとと風土と文化が見える海外の料理本「cookbook」を紹介するマガジン「ククブク」を、noteでちょっとだけお見せしています。https://kukubuku.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。