からだぜんぶ、つかって食べて

山フーズの「ゆらぎのレシピ」展@山形市 レポート

JR山形駅から北東に向かって徒歩で20分ほど。

ところどころに歴史的建造物が残り、かつて城下町として栄えたことがうかがわれる、すっきりとした街並みの一画に、「とんがりビル」という名前の建物があります。

築40年になる雑居ビルをリノベーションしたというこの建物には、カフェ食堂やアートギャラリー、レンタルオフィスなどが入居していて、地域の重要なコミュニケーションスペースになっているという感じ。

今回、ぼくが電撃的に山形市を訪れたのは、このとんがりビルのなかの2会場を使って開催されている、山フーズさんの「ゆらぎのレシピ」展を観るためでした(展覧会は2/18で終了)。

山フーズの「ゆらぎのレシピ」展 | TONGARI BLDG

展覧会の開催概要については、上のリンク▲を見ていただくとして、今日は残念ながらこの展覧会を見逃してしまったという方のために、実際にどんな展示だったのかをレポートしたいと思います。

***

続きはぜひククブクのページでご覧ください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「味見の為の本があり、丸呑みする為の本もある」フランシス・ベーコン
1

早川 純一

ククブクの味見

海外の料理本のことならククブクにお任せ! 優れたデザイン性があり、コンセプトにひとと風土と文化が見える海外の料理本「cookbook」を紹介するマガジン「ククブク」を、noteでちょっとだけお見せしています。https://kukubuku.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。