不動産ブログから生まれた巨大フードメディア

Eater編集者が振り返るフードカルチャーの10年

「10年ひと昔」とはよく言ったもので。

アメリカのフード情報サイトEaterの編集長が、2018年の2月で在籍10年を迎えた節目の手記を、自身のサイトに寄せています。

Looking Back at a Decade of Eater | EATER

現在Eaterの編集長をつとめているのは、ニューヨーク大学でジャーナリズムと政治を学んだ経験のある、アマンダ・クルートという女性。

長らくひとつのサイトにたずさわってきた人物が、この10年のフード業界の変遷をどのようにとらえているのか。

かなり興味があるので、くわしく見ていきたいと思います。

***

続きはぜひククブクのページでご覧ください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!また明日も味見しに来てくださいね!!
1

早川 純一

ククブクの味見

海外の料理本のことならククブクにお任せ! 優れたデザイン性があり、コンセプトにひとと風土と文化が見える海外の料理本「cookbook」を紹介するマガジン「ククブク」を、noteでちょっとだけお見せしています。https://kukubuku.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。