知夫里島(ちぶりじま)に来てからいままで-2019年6月3日

「人材会社、内定辞退して、島に行く」

地域おこし協力隊制度を活用して、島根県隠岐諸島知夫里島(ちぶりじま)に移住した。新卒で移住。それは自分にとって、そこまで悩むこともなかった。

全国から小・中学生が集まってくる学生寮の立ち上げをするためだ。こどもたちと一緒に生活を、学びを作ってゆく。ぼくたちは、島のおじちゃまおばちゃまたちが教えてくれる暮らしを紐解きながら、自分たちの暮らしづくりを通じて、自分をアップデートする。

掃除のやり方、ごはんの作り方から始まり、イカダで離れ小島に行く方法を教えてくれる牛飼い兄貴、耕作放棄地を有機農法で畑に変えるじいちゃん、プロ級パン作りおばちゃん、Tシャツ屋さんを営むおねえさん、養殖の岩牡蠣をその場で食べさせてくれる漁師おじさん。

ぼくは、「武器は走りながら拾う」をモットーに、限られた時間で、自分たちの糧にするために、こどもたちと、自分を、自分たちを、寮生活を作っていきました。

もちろん、自分もこの島ではなにもが素人。自分もたくさん学び、生活力向上のため、自分でナリワイを作ったりしました。

600人の島で、人生のパートナーを見つける

ビビーーーッと来た。『あ、この人、結婚する人だ』島に移住して来た大阪のお姉ちゃんに恋をして、二人で暮らし、結婚することにした。

出雲大社を知っている人は、結構いるはずだ。縁結びの総本山とも言っていい。でも、島根県の場所を知っている人は少ないでしょう?そんな縁結びなんて、あるはずないって思っていたけど、なーかなかないと言われている、ビビーーーッとくるやつ。島で出会ってしまいました。

ちなみに、嫁は11歳上の姉さん女房。大阪出身のお話上手なナウシカになりたい工作お姉さんです。嫁は、今年8月にシルクスクリーンを使ったTシャツ屋さんを、離島で立ち上げます。

地域おこし協力隊のその先へ

地域おこし協力隊の任期を2年で終わらせ、いまは夢であり、目標でもあった、教育事業を新しく立ち上げるため、起業準備中です。地域おこし協力隊途中で立ち上げた、ゲストハウスよしまんちを拠点に、離島でできる教育。始める予定です。

夢1:究極の目標は、フリースクールを立ち上げる

そのために、地域おこし協力隊卒業時からいただける起業支援金をいただきながら、すでにイメージに近い活動を行なっているところへ、実地研修に伺います。

訪れる予定の場所は、【広島・岡山・山口・島根・鳥取・大阪・福岡】。自治体や企業、個人事業・学校ですでにキャリア教育を実践されているところに、行ってきます。

目標1:島の子どもたちを対象にした学習塾・ホームスクールを立ち上げる

立ち上げるまでは、学校でいうところの総合的な学習を軸にした学習塾を運営していきます。ゲストハウスよしまんちを拠点に、島で社会をサバイバルしていく学びをつかむ。そんなイメージ。

目標2:小学校から大学生を対象にしたキャンプ合宿を主催

持続可能な社会を作っていくために、どのような暮らしをしたいのか?仕事をしたいのか?これから、新しい社会が生まれて行く中で、あなたは、何を生み出して行くのか?そんな問いに、立ち向かっていけるように、この夏、離島をフィールドにした、こどもや学生向けのキャンプ合宿を行います。

最低限、食っていけるということは、できるようになったこの社会において、

働く意味ってなんだろう?どんな暮らしができるだろう?

この島には、そうした問いに立ち向かうために、十分な環境が揃っています。畑で作る野菜、海でぐるっと囲まれて魚は釣れる。ごはんに困ったりすることはない。固定費は安く、家賃は1万円以内。

固定費のために、食っていくために、働く必要がなくなっていく、これからの社会で、浮いた時間を、退屈に暮らすのもよし、好きなことするのもよし。

好きなことをしていきている島々のおじちゃまおばちゃま、そして、自分たちの暮らしを作ることから学ぶキャンプです。

次の豊かさについて、ともに考え、つくっていく仲間を僕たちは募集しています。

仕事と暮らしの境目は、もうほぼなくなった。

地域おこし協力隊をやめてから、仕事と暮らしは、分けることがより難しくなった。

相変わらず、どろくさく行くしかないって思っている。使える武器は、拾っては使い、捨ててはまた新しいことを始める。創造と破壊を繰り返して、どんどん自分がアップデートされていく。

正直、教育事業は立ち上げなくても、食ってはいける、この島の暮らし。人手不足もあいまって、仕事ならいくらでも紹介していただくことができる。嬉しい。いまでも、ガイドや商店、わかめ工場にたまに働きに行っている。

暮らすための仕事は、もうしていない。仕事のための暮らしも、していない。暮らしと仕事の境目を、平均台を渡るように、歩いている。もうすでに1歩、踏み出している未来。

2歩目の勇気を、これから振り絞って歩いていく。

おわりに

1日3本くらい記事書こうとして、5本目。朝1記事出して、3記事書いたけど、下書きに3記事置いている。ちょっと寝かしたい。

記事を書いていると、脱線していってしまう。その脱線は、脱線で書いてるんだけど、2歩目、難しいっすねw

朝書いた記事が、なにやらプロジェクトの方々に紹介されることになったので、まとめ記事もよかったら、読んで見てください。



またね!!!



関連している記事は、こちら!

どうやって島で食っているか

本日の素敵な作品紹介コーナー!#8

初めての方に読んでほしい記事は、こちら!

余島純のプロフィール

暮らし丸ごとおすそわけ よしまんちは、離島の古民家ゲストハウスです!

SNSはこちら!

ツイッター:夫婦生活、島暮らしを気軽に投稿しています。

フェイスブック:活動の報告メイン!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

そんなにスキかい?
6
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。