TPPと著作権法④-非親告罪-

1.非親告罪化

非親告罪化については、被害者である権利者の告訴なく検察官が起訴できることによって、コミケをはじめとする二次創作に多大な影響があるのではないか、という懸念がネット上でも示されていました。

この続きをみるには

この続き:827文字

TPPと著作権法④-非親告罪-

弁護士 小坂準記

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

コンテンツビジネスにおける法と戦略

著作権法改正担当者であった筆者が、実務に役立つ視点、経営に役立つ視点から、最新の著作権法の動向やコンテンツビジネスのリーガルマネージメントについて、わかりやすく書いていきます。現在、月刊「コピライト」に「コピライト・ビギナー-著作権のボーダーラインを学ぶ判例入門-」連載中。...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。