週末に作る常備菜 「牛肉とごぼうのしぐれ煮」のレシピ

愛媛県で育った私は「肉じゃが」は当たり前のように牛肉で作り、家で「しゃぶしゃぶ」する時もたいてい牛肉でした。

東京では割とどちらも豚肉で出てくることが多くて、びっくりします。

「都会育ちの旦那様に肉じゃがを作るときは、豚肉と牛肉一体どちらの肉を使えばよいのだろうか・・・」といつも悩みます(未婚です)。

こんなデータも見つけました。やっぱり東と西で分かれているのですね。

「愛する旦那様に合わせて豚肉に変えた方がいいのかしら…」そんな妄想しながら、「牛肉とごぼうのしぐれ煮」を作ってみました。

冷めてもおいしいので、お弁当に入れたり、うどんに乗せたり、卵とじにしたり。週末に作っておくと、大活躍な常備食の王道です。

牛肉だけで作るとお値段が高いので、ごぼうでかさ増しができるのもよいところ。

簡単なレシピを紹介します。

-「牛肉とごぼうのしぐれ煮」
(材料)
 牛肉 … 250g
 ごぼう … 1本
 生姜 … 一片
 油 … 大さじ1
 A酒 … 大さじ2
 A醤油 … 大さじ2
 Aみりん … 大さじ2
 A砂糖 … 大さじ2
 炒りごま … 適量

(作り方)
①ごぼうはささがきにして水にさらして、水をきっておきます。

②生姜は千切りにしておきます。
③フライパンに油をひき、牛肉と生姜を中火で炒めて、色が変わったころごぼうを入れて、さらに炒めます。

④Aの調味料を合わせたものを加えて、汁気がなくなるまで炒めます。

⑤炒りごまを振って、できあがり。

冷蔵庫で4~5日ほど持ちます。

日本酒にも合うし、ごはんにも合う。
料理にうまみをプラスできる万能常備菜でした。

励みになります!
28

松本純子

中央省庁に勤務。日本の食と農に思いを馳せる妄想料理家。休日はNINO FARMにて野菜作りをしたり、全国の産地に出向き美味しい食材の魅力を発信する。フードアナリスト、野菜ソムリエ / 愛媛県出身/砥部焼大使。記事は全て無料。

幸せの肉・豆腐・卵レシピ

ごはんやお酒が美味しくなるお肉を使ったレシピを紹介しています。
3つ のマガジンに含まれています

コメント2件

いつも牛肉だけになってしまうので、ゴボウが入るとバランスもよくて良いですね!
そうなんです^ ^味も美味しいですが、一番の目的はカサ増し。笑 旨味とお得感の相乗効果です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。