【#月一読書会】5,6月の振り返りと7月の開催について

5月の読書会

日時 2018.05.12 10:00~12:00
場所 BOOK LAB TOKYO/渋谷
読んだ本
・OPTION B/シェリル・サンドバーグ
・自分を安売りするのはいますぐやめなさい/尾崎かつひろ
・本を読む人だけが手にするもの/藤原和博
・パラレルキャリア/ナカムラクニオ
・傷つきやすい人のための図太くなれる禅思考/枡野俊明
・伝わっているか?/小西利行

5月は6名の方に参加いただきました。参加していただいた方、ありがとうございました。
ありがたいことに少しずつ人数が増えてきた半面、読書会に参加しながら会を進行していくことが難しくなってきたため、5月からはファシリテーターに徹する形をとることにしました。
読書会に参加しながらファシリテーターをやっていた前月までと比べると読書会をより俯瞰的な視点でみることができて、参加者の方のプレゼンの内容が入ってきやすく、非常に満足度の高い回でした。

本の中で印象的だった部分としては"本を読む人だけが手にするもの"の中に本との向き合い方が書かれており「本は相手と関係付けて読む道具として使っていくとよい」というようなことが書かれており、なるほどなと感じました。
というのも私はこういう会を開いているおかげでよく本を紹介されます。「この本読んでみて!」と。
そのたびに購入したり借りたりするのですが、文体の好みが合わなかったり文章を読み解くのが難しそうなものだと読むのを後回しにしてしまって結局読まない、みたいなことになりがちです。
しかし本を相手と関係付けて読む道具として考えると、例えば上司からむずかしそぉーーなビジネス書を紹介された時、一見読みたくないのですが「俺はこういう哲学で仕事をしているねん」というようなメッセージを感じ取れるかもしれないし、それで上司と良好な関係が築けて仕事がより円滑になるかもしれないから、少し読んでみるか。なんていうことにもなりそうです。
なのでオススメされた本というのはその人と関係付けて読むことで読む時の切り口が見つけやすく、読みやすい本に変わるのだろうなと感じました。


6月の読書会

日時 2018.06.02 10:00~12:00
場所 BOOK LAB TOKYO/渋谷
読んだ本
・金融データサイエンス/三菱UFJトラスト投資工学研究所
・人生がときめく片付けの魔法/近藤麻理恵
・世界は感情で動く/マッテオ・モッテルリーニ
・南インドカルチャー見聞録/井生明・春奈&マサラワーラー
・完璧なリーダーはいらない/長尾彰
・これからの暮らし方/D&DEPARTMENT PROJECT
・フランス人は10着しか服を持たない/ジェニファー・L・スコット

6月は5月からさらに1名増えて7名の方に参加いただきました。とてもありがたいですね。ありがとうございます。
いつも参加してくれてる方がご友人を招待してくれたり、イベントで知り合った方が興味を持って来てくれたりで、初参加の方が3名という回でした。
6回目だというのに初めての方に説明するのはやっぱり緊張するもので、ファシリテーターとしては結構ミスがあったなぁと反省しております。
ただいつも参加してくれてる方が「ここの説明忘れてますよ」と指摘をいただいたり「こんな感じでやるんだよ」と参加者同士で教え合う場面があったりして、めっちゃ素敵な会になってきてる…!と感じました。

本の中で印象的だった部分としては"人生がとくめく片付けの魔法"の中に「捨てられないと思った時の対処法は、心がときめくものとときめかないものに分けること」というような内容が書かれていたことです。
私はそんなに物欲がなくて家はそんなに散らかってはいないので片付けの話ではないのですが、最近心からときめくものを選択しているだろうか?と考えさせられました。
本当はフットサルを久しぶりにやりたいし、カラオケにも行きたい、女性とだって食事に行ったりしたいはずなのに、日々淡々と暮らすことが正しいと盲信してしまってはいないだろうか。"今"好きなことや心からときめくことをやらずして本当に人生を楽しめていると言えるだろうか。といった疑問がわいてきました。
日々淡々と生きることで確実に毎日一歩前進していることを感じられるけど、もっと"今"心がときめくことを選択してやっていくことも重要なんじゃないかと感じ、6月はちょっとハメを外して遊ぶ月にしてやろうと決心しました。
結果かなりの時間とお金を消費活動に使ってしまって、生産活動が少なくなってしまいましたが、やる気はなくなっておらず色々チャレンジしてみたい気持ちが出てきています。
心がときめくことを選択してみたことで、良い充電ができたのかもしれないですね。


7月の読書会の案内

と、いうことで7月の案内です。

日時:2018年7月7日 10時~12時
場所:BOOKLABTOKYO/渋谷(変更の可能性ありですがその場合は都内のカフェを予定しています)
定員:8名
持ち物:小説以外の本(実用書、ビジネス書、自己啓発本、エッセイ、趣味本等)
料金:無料

こんな感じですね。
いつも通りの案内ですが、特記事項としては今回が無料で行う最後の月一読書会であるということです。
理由につきましては別でまた書かせていただきますが、この月一読書会という文化をより良いものにするためにこういう選択をしたと考えていただければなと思います。

定員に達し次第募集を締め切らせていただきます。コメントかツイッターのDMにてご連絡いただければと思います。
よろしくお願いします。

ではでは!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

大吉
8

マスオ

月一読書会

月に一度開催の読書会。先月を振り返り、今月の生活をより良くするヒントを持ち帰る読書会。新しい一歩を踏み出したい方に来ていただきたい読書会。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。