皆様へ

昨年4月に私の尿検体から禁止物質が検出されたと連絡を受け取ってから、1年以上の時間をかけて自身の潔白を訴えてきました。そしてこの度、CAS(スポーツ仲裁裁判所)での手続きにおいて、FINA(国際水泳連盟)より意図的な摂取ではないと認められたことで、資格停止期間が4年から2年に短縮されました。

当初は4年という長い資格停止期間と直面した問題の重大さから、このまま引退をする他はないと考えることもありました。しかし、自分のことを信じて応援してくださる方々を裏切りたくないという思いから、意図的に摂取したものではないということだけは必ず証明をするのだと強い気持ちを持ってこの問題に向き合ってきました。
手続きを重ねていく過程で、「このまま選手生活を終わりにしたくない、意図的な不正でないことが認められるのであれば選手として復帰をしたい」と考えるようになりました。そして今、資格停止期間が2年になったことで選手として復帰をする決断を致しました。
希望が全く見えない中で気持ちの浮き沈みや自暴自棄になりそうな時もありましたが、その度に私の周囲の方々の応援や温かいお言葉が私の支えとなり、幾度となく前を向き直して問題の解決に取り組むことができました。本当に、心から感謝をしています。

資格停止期間が短縮されたからといって目前に控えた東京オリンピックに出場することは叶いませんが、2021年には福岡で開催される世界水泳があり、2022年には昨年出場する事が出来なかったアジア大会があります。それらの国際大会に出場をしてメダルを獲得することを目標に、選手としてもう一度戦いの舞台に戻りたいと考えています。
これまでの資格停止期間中もルールに従って一定の条件のもとで練習をする事もできましたが、自身の潔白が証明されるまでプールで泳ぐことはありませんでした。今年で32歳という年齢に加えて1年以上のブランクがあるということは自身にとっても大きな挑戦となりますが、今まで応援してくださった方々と水泳選手としての私自身の為にも、もう一度選手として第一線で活躍したいと思います。

また今後はより一層積極的にアンチドーピングの為の様々な活動に参加し、違反者となってしまった視点から自身が体験したことや改めて選手が行う必要のあること、知るべきことを発信して私のような選手を少しでも減らしたいと考えています。

長くなりましたが、この度は世間をお騒がせしてしまったこと、期待をしていただいていた方々にたくさんのご迷惑をおかけしてしまったことを心からお詫び致します。
そしてこれからも水泳選手古賀淳也をよろしくお願い致します。

古賀 淳也


Last April, I was notified that I tested positive to doping tests that detected prohibited substances from my urine sample. Since then, I had spent over a year fighting to prove my innocence. As a result, the Court of Arbitration for Sport (CAS) has agreed to reduce the four-year suspension to two years in light of the recognition by the International Swimming Federation (FINA) that ingestion of the prohibited substances was not intentional.


The past year has been extremely challenging for me, both as an athlete and as an individual. Being faced with a four-year suspension initially, I felt that my only choice was retiring from swimming as an athlete. However, I knew that I did not want to betray myself and the people that continued to believe in me and therefore I was determined to prove that I never intentionally ingested those substances. During the course of the proceedings, I began to think that I would not end my career as an athlete if I could prove that I never intentionally ingested those substances. And now that the suspension period has been reduced to two years, I have officially decided to return as an athlete and to continue my career.

Although the suspension period has been reduced to two years, I will not be able to participate in the upcoming Tokyo Olympic Games. However, my goal is to participate in the World Championships in Fukuoka, Japan in 2021 and in the Asian Championships in 2022, which I could not participate last year, and to win medals in these championships.


During the suspension period before the CAS award, I could have continued to practice under certain conditions; however, I chose not to swim until I had proven the ingestion of the prohibited substances was not intentional, and I had avoided swimming for that reason.

Now, having a year or more of a gap in my swimming career, in addition to being 32 years of age this year, I know I face a big challenge for myself but for the people who have supported me to date, and for myself as a swimmer, I want to compete again.

Going forward, I will participate in further activities for anti-doping movements in order to help other athletes understand necessary actions to be taken and the exact knowledge to be known for anti-doping. I want to share the importance and the core value of anti-doping movements with more athletes, and reduce the number of athletes put in the same situation as myself by raising their awareness through this experience.

To all my supporters and fans, I would like to apologize for all the inconvenience I may have caused. And thank you for believing in me. Over the past year, there were times I felt hopeless and emotionally down but the support I received from the people around me were overwhelmingly encouraging. Your words kept me going forward. I sincerely thank you from the bottom of my heart. Please continue to support Junya Koga as a swimmer.


Junya Koga

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

215

古賀淳也

コメント4件

古賀選手からの言葉をすごく待っていました!自分が背泳ぎを専門にしてから理想の選手は古賀選手でした!今回このような件になってしまいすごく辛かったですが改めて現役続行をする古賀選手にとても勇気をもらいました!21年の世界選手権は福岡開催なので応援に行くのを楽しみにしています!ブランクがあって大変かとは思いますが身体に気をつけてください!これからもずっと応援しています!
長く苦しい時を乗り越えてお帰りなさい。これからはその分泳ぐ楽しさを思い出してまた表舞台で活躍されることを願っています。本当に良かった。
ずっと応援しています。
これからも頑張って下さい!
地元メンバーはきっと、少なくとも俺の周りはみんな応援してるよ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。