物語食らう子

物語は
私の中を通り過ぎていった
最後に読んだ絵本が思い出せない
ちびのしょうぼうじどうしゃか
なかなか抜けない巨大なかぶか

私の中を通り過ぎていった物語たちを
食べて息子は大きくなった
足のサイズはすでに抜かされ
背もじきだろう
自分の物語の中へとすでに歩き始めている

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

石渡紀美

ポエトリー

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。