日本最大手「メイドリーミン」

先の@home cafeが秋葉原最大手なら、メイドリーミンは東京最大手、全国最大手のメイド喫茶である。

そのドリーミンについに行ってきた。

ネットでは最大手ならの批評(「押売りが多い」「客あしらいが雑」など)が見られたが、実際はそうではなかった。

今回行ったのは聖地秋葉原、駅最近、大通り沿いにある電気街入口店。

行くならやはりここだろう。

入口付近にドリーミンのコたちが立ち宣伝している。

それを避けつつ先ずは外観撮影。

からの、入店。

入口のコにわざとらしく迷ってる振りをして一緒にエレベーターIN

このコはなかなか可愛く、まろさんというらしい。

店内は@home以上にアットホームな雰囲気。

イタリアかラテン系のカップル1組と中国人風4人、他に少々の先客あり。

まろさんの誘導で席につくとすぐ頭に猫耳カチューシャをつけられた。

ハウッ!!

広くも狭くもない店内。

昼下がり夕方前のちょうどいい客入り。

リラックスできる。

担当メイド、さとうぷりんさんに交代。

山瀬まみさん風のメイドさんだ。

顔は十人並みだが、なかなかキャラクターがあり、明るい。

メイドさんのプロフィールアルバムを見せてもらうと、出身地プリフォルニア州となっていた。

ちなみに、まろさんは出身地ましゅまろ王国。

ともになかなかナイスなふるさとだ。

他にプロフィールを見るとこの店のメイドさんは全員で5,6人の模様。

2人が外で呼び込みをしている。

さて、さとうぷりんさんがメニューやシステムの説明をしてくれ、お菓子のランプのようなものを見せる。

曰く、この魔法のランプに、灯りがつくとここの住民として認められるらしい。

定型のまじないをいわれた後、ランプがついた。

いちおう「ありがとうございます」と礼を言う自分。

その後、お絵かきカプチーノを注文。

「ご主人様、好きな動物とかいますか!」

「犬がすきです」

「何犬が好きですか」

「うーん、バーニーズマウンテンドッグ・・・」

「バーニーズ・・・。何系?!どんな犬ですか」

「あ、普通の犬でいいです💦」

「え、でもすごい気になる」

すぐ横のカウンターにおいてあったスマホで、バーニーズマウンテンドッグを調べるさとうぷりんさん。

「あーわかった、コーギーみたいな感じですね」

絵かきかき

「おおっ!」

「毛ふさふさしてたので、こんな感じに書きました」

「メイドさんは絵も上手くないといけないんですね」

「えー。いえいえ。では次に、このお飲み物が美味しくなるようにおまじないをかけます。一緒に、手でハートを作って、おいしくなーれ、もえ、もえ、にゃんって言って下さいね」

「は、はい」

『おいしくなーれ、もえ、もえ、ニャン』

ともに招き猫のようなポーズをする。

ガラスに映るオドレのメイドリーミン姿にはちょい照れだ。

時間をかけてゆっくり甘いカプチーノを飲む。

プロフィールアルバムやライヴやチェキ等が記載されたオプションメニュー表を入念に見る。

他の客とメイドさんとのやりとりをガン見。

携帯に目をおとす。

すると、いきなりさとうぷりんさんが来て、私めの待ち受け画面ピンサロ舐神様を発見。

「な、これアイドルですか⁉」

焦る自分。

「いや、まぁ、これはそんな感じです;」

「ご主人様はどんなアイドルが好きなんですか」

「ももいろクローバーZが好きです」

「あー杏果ちゃん」

「あ、引退しましたね」

「ねっ・・・」

「残念でしたね、、、」

「そうですよね。誰が好きですか?」

「百田夏菜子さんが好きです。誰が好きですか」

「わたしは、あーりんとしおりんが好きです」

韓国か中国人4人が入ってきた。

慌てて接客に向かう。

満足。ご主人様、話せて満足。

カプチーノを舐めるのように飲み、水も飲み干し、お愛想。

まろさんが外から戻ってきてカウンターにいた。

今の中国人を外から入店させてきたのだ。

お支払い中、さとうぷりんさんが、通りがかり釣銭確認中のまろさんに声掛け

「ご主人さま、ももクロが好きなんだって。あと犬もw」

笑いがおき、気持ちよく送り出してくれた。

いい!

ドリーミンいい!

割と居心地よかった

▼人通り抜群の最高の位置にある

▼人目に留まる大看板!これぞホントの看板娘

▼入国料60分500円。カプチーノHOT 680円。税込で540円、723円となる

▼街頭に流れるドリーミンソング。おかげさまで10周年だ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

サブカル道

無職一匹、散歩の達人。散歩の傍ら、現代の茶屋‟メイド喫茶”などで一休みする記録
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。